坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

大阪市鶴見区 放出腰痛センター鍼灸整体院

 

この坐骨神経痛どこに行っても良くならないとあきらめていませんか?

 

・マッサージや痛み止めの薬が効かない

 

・手術しか方法がないと言われている

 

・同じ姿勢で立っているとお尻から足が痛くて、立っていられない

 

・痛くて家事をするのが辛い

 

・椅子に座っていると足が痺れてきて座っていられない

 

・足の痛みや痺れがひどくなってきている

 

・最近、痛みで長く歩けない

 

・腰を伸ばして歩けない

 

このような症状で病院に行き、レントゲン検査やMRI検査を受けると「坐骨神経痛ですね」と言われたと思います。

 

「軟骨が擦り減っている」

 

「骨と骨の隙間が狭くなって神経に触れている」

 

「腰椎椎間板ヘルニアですね」

 

などの説明を受けた方もいると思います。

 

 実は「坐骨神経痛」という病名はありません。

 

では「坐骨神経痛」とは、どのような病気なのでしょうか。 

 

坐骨神経とは

坐骨神経は、人体の中で最も太い神経であり、腰からお尻、太ももの後ろ側を通り、枝分かれしながら足の先までつながっています。

 

下半身のこの坐骨神経痛の通る道沿いに、特にお尻や太もも、ふくらはぎに痛みやしびれが出現する症状を「坐骨神経痛」といい、病名ではありません。

 

 

坐骨神経痛の原因

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などの病気で坐骨神経が圧迫されて、腰、お尻、足に痛みやしびれの症状が起こることを一般的には言われています。

 

 

坐骨神経痛の原因は、神経が圧迫されて起こるだけではありません

しかし、私の所属している一般社団法人日本整形内科学会トリがポイント研究会 の研究で、一般的に言われている「坐骨神経痛神経」の症状は、神経の圧迫だけで起こる訳ではないことが分かっています。

 

この事は、一般の方や、医療関係者にもあまり知られていません。

 

 

筋肉、筋膜の異常で起こります

実はこのような坐骨神経痛の症状は、神経の圧迫で起こるわけではなく、筋肉や筋膜といった軟部組織の異常が原因で起こることが分かってきています。

 

このような病気を「筋膜性疼痛症候群、トリガポイント」と言います。

 

あまり聞きなれない名前かもしれませんが、お医者さんでも筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントの存在を知らない人は沢山います。

 

「筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント」は、普段の生活の中で、重い物を持ったり、無理な姿勢、同じ姿勢、同じ動作の繰り返しで筋肉に負担をかけたりすると筋肉に過剰な負担がかかります。

 

筋肉への過剰な負担は、いわゆる「筋肉痛」として起こります。

 

通常、数日で回復するのですが、過剰な負荷が繰り返されたり、冷えや、血行の悪い状態が続いたりすると筋肉が回復できなくなり、相当激しい痛みやしびれの症状を引き起こします。

 

この状態が「筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント」になった状態です。

 

筋膜性疼痛症候群は、一般的な筋肉痛とは違い、激しい痛みやしびれが生じ、全身のあらゆる場所に生じます。

 

この病気の厄介なところは、レントゲン検査やMRI検査には写らないため、一般的に、この病気の存在が、まだまだ世間や医療従事者にも知られていないため適切な処置を受けられないのが現実です。

 

エコーという機械は、筋肉、筋膜の異常部位を観察できますので、日本整形内科の医師たちは、エコーを使い病巣の特定、治療に用いています。

 

当院では、問診、痛みの起こる動作、筋肉を圧迫して病変部を特定していきます。

長年、施術を受けているのに、坐骨神経痛の症状がなかなか改善しないのであれば、筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントの施術を受けてみる事をおススメします。

 

 

筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント

原因で生じる症状によく似た病気

 

こんな診断を受けて悩んでいませんか?

・緊張性頭痛

・偏頭痛

・頚椎症

・頚腕症候群(クビ、背中、腕の痛みやしびれ)

・胸郭出口症候群(腕の痛みやしびれ)

・五十肩

・肩関節周囲炎

・テニス肘

・ゴルフ肘

・手根管症候群

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・糖尿病性神経障害など

・めまい(非回転性)

・しびれ感

・生理痛

・排尿時痛、肛門痛など

 

坐骨神経痛の施術

坐骨神経痛の施術は、異常を起こしている、筋肉、筋膜に対して手技、鍼灸による施術を行います。

 

悪い姿勢やカラダの動かし方の癖がよくないと再発や痛みを繰り返す可能性があるため、それらを改善するためのラジオ体操のような簡単な運動を行い根本改善を目指します。

手技による施術

筋膜リリース療法

筋膜性疼痛症候群になると、筋肉、筋膜、神経、血管などが周辺の組織とくっついてしまいます。この現象を癒着といいます。

 

癒着部位を手を使って、剥がしていきます。

 

剥がすと聞くと痛そうなイメージをするかもしれませんが、ソフトなタッチで痛みが出ないように剥がしていきます。

 

鍼灸による施術

トリガポイント鍼療法

悪くなっている筋肉、筋膜に鍼を打っていきますが、従来から行われているツボにあ鍼を打つ方法では、筋膜性疼痛症候群から起こる坐骨神経痛の症状は良くなりません。

 

正確にピンポイントで、痛みの原因筋に鍼を当てる高い技術が必要となるためツボ治療を行っている鍼灸院での回復は難しいかもしれません。

運動でのアプローチ

カラダを整える運動

筋肉、筋膜が正常化して痛みが軽減したとしても、姿勢やカラダの動かし方の癖が良くなっていなければ、症状をぶり返したり、痛みが直ぐに戻ってしまう可能性があります。

 

当院では、痛みを根本改善するため、悪い姿勢や患者さんの悪いカラダの使い方を改善し、再発の予防に努めています。