坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状

  • 椅子に座っているとお尻から太ももなど足に痛みや痺れが起こる
  • 椅子に座っていると足がジンジンした感じで痛くなる
  • 椅子に座っていて立ち上がるとお尻から太ももの裏が引きつって歩き辛い、または痛む
  • 立っているとお尻、太ももの裏、ふくらはぎがジンジンした感じで痛くなる
  • 歩くとお尻、太ももの裏、ふくらはぎが痛む、またはしびれて辛い
  • お尻や足の痛みで長く歩けない

坐骨神経痛でこのような症状でお悩みではないでしょうか?

 


坐骨神経痛によるお尻から足にかけての痛みやしびれはどこに行っても良くならないと諦めていませんか?

坐骨神経痛とは

坐骨神経は、人体の中で最も太い神経で、腰からお尻、太ももの後ろ側を通り、枝分かれしながら足の

先までつながっています。

 

下半身のこの坐骨神経痛の通る道沿いに、特にお尻や太もも、ふくらはぎに痛みやしびれが出現する症

状を「坐骨神経痛」といいます。

 

坐骨神経痛は病名ではありません。

 

  

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などといった病気により坐骨神経が圧迫されて、腰、お

尻、太ももの裏、ふくらはぎ、足の裏などの足に痛みやしびれの症状が起こることを坐骨神経痛だと言われています。

 

坐骨神経痛の原因は、一般的には神経が圧迫されてお尻や足に痛みやしびれが起こるとされていますが、必ずしもそうとは

限りません。

 

しかし、私の所属している一般社団法人日本整形内科学会、トリガーポイント研究会の研究で、坐骨神経が圧迫されて足に

 痛みや痺れが起こるわけではないことが分かってきています。

 

HPはコチラ

一般社団法人日本整形内科学会トリがポイント研究会

トリガーポイント研究会

 

この事実は、一般の方や、医療関係者にもあまり知られていないのが現実で、この事によって間違った処置や対処法で、坐

骨神経痛の症状が改善しないことが少なくありません。

 

坐骨神経痛の原因は筋肉、筋膜の異常にあるかも

今ままで坐骨神経が圧迫されて起こるされていたお尻、太ももの裏、ふくらはぎの足の痛みやしびれは、腰、股関節の筋

肉、筋膜といった組織が使い過ぎ、長い時間の圧迫、繰り返し過度に負担をかけていると筋肉や筋膜にダメージを受けます。

 

このような状態で、冷えや血行不良が重なると自己回復できなくなり、お尻の痛み、太ももの裏の痛み、ふくらはぎの痛みや筋肉の引きつり感や痺れの症状が起こります。

 

このような筋肉や筋膜といった組織に異常で起こる病気を「筋膜性疼痛症候群、トリガポイント」と言います。

 

この病気の厄介なところは、レントゲン検査やMRI検査には写らない事です。

 

この病気を見つけるには、専門知識と評価方法の知識が必要です。

 

お医者さんはエコーという機械を使って筋肉、筋膜の異常部位を特定し、治療を行います。

 

私は鍼灸師ですので病気の診断は出来ませんが、問診、痛みの起こる動作などで悪くなっている筋肉を特定し施術を行いま

す。

坐骨神経痛になる生活習慣

  • 長い時間、同じ姿勢で座っているデスクワーク
  • 座っている姿勢が悪い
  • 座っている際、足を組んで座る
  • 重い物を持ち上げる事が多い
  • 物を持ち上げる姿勢や動作が悪い
  • 同じ方向ばかり向いて寝る

このような動作や姿勢を繰り返していると徐々に筋肉や筋膜は悪くなっていきます。

 

坐骨神経痛にならないための対処法

  • 長い時間、同じ姿勢で座り続けないようにこまめに動くようにする
  • 正しい姿勢での座り方を覚える
  • 座る際は、足を組まないようにする
  • 正しい姿勢で物を持ち上げるようにする
  • 同じ方向ばかり向いて寝たり、寝転ばないようにする

坐骨神経痛にならないための正しい座り方

画像①正しい座り方

  1. 画像のように椅子に深く座り腰、背中を背もたれに密着させます。
  2. 両足を床に着けます
  3. 1時間に一回は立ち、座りっぱなしにならないようにし2~3分動くようにするといいでしょう。

画像②悪い座り方

このような座り方をしていると股関節、腰に過度の負担がかかってしまいます。

 


当院の坐骨神経痛から起こるお尻の痛み、太もも裏の痛み、ふくらはぎの痛みやしびれの施術

坐骨神経痛の施術は、異常を起こしている、筋肉、筋膜などの組織に対して手技による筋膜リリース療法、鍼灸によるトリガーポイント療法という方法でアプローチします。

 

また患部にアプローチするのではなく、悪い姿勢を整え、カラダの動かし方の癖を改善します。

 

カラダの癖を改善することで、自然と腰や股関節に余計な負担がかからなくまり、再発予防にも繋がります。

手技による施術

筋膜リリース療法

筋膜性疼痛症候群になると、筋肉、筋膜、神経、血管などが周辺の組織とくっついてしまいます。この現象を癒着といいます。

 

癒着部位を手を使って、剥がしていきます。

 

剥がすと聞くと痛そうなイメージをするかもしれませんが、ソフトなタッチで痛みが出ないように剥がしていきます。

 

鍼灸による施術

 

トリガポイント鍼療法

悪くなっている筋肉、筋膜に鍼を打っていきますが、従来から行われているツボにあ鍼を打つ方法では、筋膜性疼痛症候群から起こる坐骨神経痛の症状は良くなりません。

 

正確にピンポイントで、痛みの原因筋に鍼を当てる高い技術が必要となるためツボ治療を行っている鍼灸院での回復は難しいかもしれません。

運動でのアプローチ

カラダを整える運動

筋肉、筋膜が正常化して痛みが軽減したとしても、姿勢やカラダの動かし方の癖が良くなっていなければ、症状をぶり返したり、痛みが直ぐに戻ってしまう可能性があります。

 

当院では、痛みを根本改善するため、悪い姿勢や患者さんの悪いカラダの使い方を改善し、再発の予防に努めています。



大阪市鶴見区で坐骨神経痛から起こる足の痛みやしびれの症状でお困りでしらご予約ください

ご予約はコチラへ

06‐6969‐3115

友だち追加

友だち登録から予約をしてもらえます