Y´s はり きゅうの痛みの施術について

当院の鍼治療は西洋医学と東洋医学の長所と短所を最大限に活かした治療を行っています。

 

痛みの治療では西洋医学的考えを元に最新の運動解剖学を基に治療を行います。

 

自律神経症状のような心と体の病気には東洋医学を中心に鍼治療を行います。

 

鍼治療というのは経験と知識、技術の熟練度で差が出る治療です。

 

どこで鍼治療を受けても同じ結果が出るようなものではありません。

 

臨床経験26年以上の私が患者さんのお悩み事、辛い症状に合わせた多彩な鍼治療を行えるのが当院の強みです。


筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントとは

長時間、同じ姿勢での仕事、無理な姿勢、同じ動作の繰り返し、デスクワークなどの座り仕事など、繰り返し筋肉に負担をかけ続けると、過剰に負担がかかった状態となり筋肉痛として生じ、通常、数日程度で自己回復します。

 

しかし、さらに筋肉に負担をかけたり、血行不良の状態が続くと自己回復できなくなり、筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントが発生し、痛みやシビレの症状が相当激しいものとなり、更には痛みやシビレが広い範囲や離れた場所にも現れます。

 

また、この筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントの複雑なところは、痛みを感じている場所が痛みの原因ではない事で、痛みの原因となっている場所から離れた場所に痛みを感じます。

 

しかし、残念ながらこのような事は、まだほとんど知られていない為、多くの場合は、他の病気と間違われていたり、適切な治療が行われていないのが現状です。

 

このどこにでもありふれた病気でありながら、その存在をまだまだ知られていないことから、間違った治療や対処法で不必要な手術が行われていることもあります。

 

治療方法

痛みやシビレの原因となる筋膜性疼痛症候群やトリガーポイントは、当院で行われている手技による筋膜リリース療法という筋膜の癒着を剥がしていく方法と、トリガーポイント療法という鍼治療で行う方法で痛みやシビレを改善できます。

 

「筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント」

この病気は1980年代にアメリカで「Travel l & Simons´ Myofascial Pain and Dysfunction:The Trigger Point Manual

(筋膜性疼痛と機能障害:トリガーポイントマニュアル」(Janet G. Travell医師とDaivid G.Simons医師の共著)という医学書にて発表されました。

 

カナダの研究チームから、椎間板ヘルニアと診断された強い腰、足に痛みを訴える患者、健常者の腰部椎間板を撮影し、内容を知らない二名の神経放射線医に両郡の画像所見を読影撮影させた結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが見つかったという研究報告もあります。

 

画像検査で、椎間板ヘルニアが検出されてたとしても、それが必ずしも腰痛や足の痛みやシビレを引き起こさないことも報告されています。

 

坐骨神経痛、椎間板ヘルニアと診断され、足の痛みでお困りの方は、当院の筋膜リリース療法、トリガーポイント鍼療法がお役に立つかもしれません。 

赤いバツ印の部分が悪くても、青く色付けされた離れた場所に痛みやシビレを引き起こします。

この部分をトリガー(引き金)といいます。

鍼治療に使う鍼は、髪の毛ほどの太さ物をしようし、お一人お一人全て使い捨ての鍼を使用しますので感染症などの心配もありません。

 

痛みの施術

腰痛、関節の痛み、椎間板ヘルニアからくる手足のシビレや痛み、脊柱管狭窄症など、レントゲン検査で骨の問題だと言われて、手術しか方法がない、加齢のせいだと言われてあきらめていませんか?

 

筋膜性疼痛症候群という病気

現在では痛みの原因が骨ばかりでなく筋肉・筋膜・靭帯・腱が原因で起こることが分かってきています。

 

このような病気を「筋膜性疼痛症候群」といいます。

 

この病気からくる痛みは、病院で行われているレントゲン検査・MRI検査、血液検査では見つけることがげきない為、椎間板ヘルニア・関節の痛み・神経を圧迫して起こると言われてきた手足のシビレや痛みと間違われることがよくあります。

 

長引く関節の痛み、手足のシビレや痛み、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、関節の老化や変形からきている、レントゲン検査をしたけど問題がないと言われたのに頑固な腰・くび・関節の痛みでお困りの方は当院にご相談ください。

間違われやすい病気

・五十肩

・テニス肘

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎分離、すべり症

・神経痛

・頚肩腕症候群

・変形性膝、股関節症

・半月板障害

・坐骨神経痛

・各関節の痛み

・手足のシビレ

・めまい

・耳鳴り

・その他痛みの症状

 

トリガーポイン療法のことなら大阪市鶴見区放出の整体鍼灸院 Y´sボディーケア整体 Y´sはりきゅうへ 06-6969-3115

当院からのメッセージ

 

大阪市鶴見区放出のY´sボディーケア Y´sはりきゅうでは、肩こり 腰痛、股関節の痛み、しびれ に特化した鍼灸整体院です。

なかなか改善しない痛み、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、しびれでお悩みの方は、ご相談ください。

 

 

 

アクセス

 

大阪市鶴見区放出東2‐21‐2

放出駅北口から徒歩8分

 

電話・お問合せ

06‐6969-3115

 

腰痛、股関節痛、シビレのことなら大阪市鶴見区放出/城東区/徳庵/東大阪のY´sボディーケア整体 Y´sはりきゅうへご相談ください

受付時間

 月・火・木・金 

10:00~20:00

 土

10:00~18:00

 

定休日

水・日・祝祭日

サイトマップ