YNSA山元式新頭鍼療法

YNSA山元式新頭鍼療法とは、宮崎県の山元敏勝医師が1973年に確立した治療法です。

 

現在リハビリ以外に治療効果がないと言われている脳梗塞、脳出血の後遺症などによる半身不随、麻痺、言語障害、痺れ、痛みなどにおいて特に治療効果が認められています。

 

脳梗塞でまったく手が動かなかった人がYNSAを行い、その場で手が動き出した症例が多数報告されています。

 

その効果の高さから、YNSAは補完代替療法に関心の高い欧米で早い時期から注目を集め、各国でセミナーが頻繁に行われています。

 

現在でも世界では、YNSAを治療に採り入れる医師は増え続けています。

 

また諸外国から毎年40人~50人、一週間の日程で山元病院へ山元敏勝医者の手技を直接勉強に来られます。私もそのセミナーに参加し技術の習得をしています。

 

これまでの患部に刺す鍼治療とは異なり、頭の治療ポイントに鍼を行い、極めて即効性の高い治療法です。

 

脳梗塞、脳出血の後遺症以外にもめまい、耳鳴り、不眠、更年期障害など色々な症状にも治療実績を上げています。

お問合せ、ご予約はコチラからどうぞ 06-6969-3115