自律神経の症状は、見た目が健康に見えるため、なかなか人には理解されずお悩みだと思います

「自律神経とは」

私達の身体には、自分の意志で動かせる部分と自分の意志ではコントロールできない部分とがあります

 

例えば手足は自分の意志で自由に動かす事ができます。

 

一方、心臓や胃腸は自分の意志では動かす事は出来ません

 

そのように、自分の意志では動かせないけれど、生命活動に関わる働きをコントロールしている神経が自律神経です

 

自律神経は、私達の意識とは無関係に24時間休みなく働いてくれるおかげで、睡眠中も心臓や呼吸が止まることがなく日々の活動が行えます

 

気温などに合わせ、体温調整を行うのも自律神経の仕事です

 

そのため発汗、血管の収縮、血液量の変化なども自律神経が各組織に作用して、その働きを調整しているので、それらが乱れると必要以上に汗が出たり、反対に汗をかかなくなったり、冷え、のぼせ、唾液がでなくなって口の中が乾く、目の乾燥などの症状が起こります。

 

このような働きを持つ自律神経は、生きるために絶対に欠かせない大切な働きをしています

 

この働きのバランスが乱れれば、様々な不調が起こるようになります。

 

 

「交感神経と副交感神経」

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つの種類があります

 

交感神経は、主に外での活動や昼間を中心に働きます

・筋肉、血管の収縮

・心臓の鼓動を高める

・呼吸を早める

 

など、体を動かす際に適した体の状態をにしてくれます

 

一方副交感神経は、主に内部の生体活動や夜間を中心に働きます

・筋肉の緊張を緩める

・脈拍を穏やかにする

・呼吸を穏やかにする

・血管を広げてリラックス状態に

 

など、睡眠や内臓の働き、細胞の修復など、体を健全に維持するための内部活動に適した体の状態にするのに働きます

 

この2つの神経は24時間、状況に応じて強弱が切り替わり、常に両方がバランスよく働いていることが重要で、どちらかが強くなりすすぎても様々な問題が起こります。

 

このバランスが慢性的に崩れてしまった状態が「自律神経失調症」になります。

 

交感神経の働きが強くなりすぎると、緊張状態が高まります

 

主な症状

その人によっても、目立つ症状が違います

 

腹痛や下痢といった胃腸の症状が出やすい人もいれば、頭痛や吐き気などが出やすい人もいます

 

頭 頭痛、頭が重い

 

耳 耳鳴り、耳の閉塞感

 

口 口の乾き、味覚の異常

 

目 涙目、目の乾き

 

喉 のどの異物感、喉の圧迫感、のどがつまる

 

手足 手足のシビレ、冷え 汗

 

全身症状 倦怠感、疲れやすい、めまい、フラフラする、ほてり、不眠、目が直ぐに覚める、起きるのが辛い

 

精神症状 不安になる、恐怖心、落ち込む、イライラする、落ち込む、怒りぽくなる、やる気が起こらない

 

など様々な症状があります。

 

自律神経の乱れから起こる症状は、見た目では健康に見えてしまうため他人には理解されず、一人で悩まれている方も多いと思います。

 

自律神経失調症の原因

 

過度なストレス

仕事など社会的ストレス、人間関係、精神的ストレス、環境の変化など、過剰なストレスが蓄積

 

対人関係など、同じストレスがかかっていても、人によって受け止め方も異なり、性格なども原因のひとつになるかもしれません

 

心配症であったり、完璧主義など

 

ストレスに弱い性格

ノーと言えない、感情処理が下手、気持ちの切り替えができない、人の評価を気にしすぎる、人と信頼関係を結ぶのが苦手

 

依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い傾向のある人など

 

環境の変化

社会環境の変化、人間関係や仕事などの環境の変化などへの不適応や過剰反応

 

 

生活習慣の乱

生活のリズムに従って、自律神経もコントロールされているため、夜遅く寝て、朝遅くに起きるなど、生活のリズムがバラバラでは、自律神経のバランスも崩れ、ホルモン分泌のバランスを崩しストレスに対処できません。

 

睡眠は、身体と心を元気に保つためには必要不可欠なものです

 

睡眠は、休息を取るだけではなく

「細胞の修復やストレスに対処するホルモン分泌に大切です」

寝入ってから2~3時間後に成長ホルモンが分泌されます。

 

このホルモンは、細胞の修復や疲労回復に役立ち、若返りホルモンとも言われています。

 

明け方になると成長ホルモンに代わってコルチゾールというホルモンの分泌が高まります。

 

このコルチゾールは、生命維持のため、体の様々な機能調節の役割を担うホルモンで、ストレスから私たちを守る働きを持っています。

 

様々なストレスに反応して分泌されるため、ストレスホルモンとも呼ばれ、朝方から分泌が増え始め、起床時に分泌量がピークに達し、その後、徐々に減少し就寝前には非常に少なくなります。

 

私達が何らかなストレスを受けると、環境に適応するために分泌せれ、ストレスへの対処に不可欠な存在です。

 

この様に睡眠は、身体の回復やストレス解消には欠かせないものです。

 

規則正しい生活習慣を身につけ、しっかり睡眠時間を確保できるようにしていきましょう

 

自律神経失調症の治療法

症状、タイプなどにより、身体と心の両面に働きかける治療、生活環境を整えるなどのことを行う必要があります

 

体質、性格、ライフスタイルの歪みにも注目し改善することも必要かもしれません

 

・自立訓練法などによるセルフコントロール

・薬物療法

・カウンセリングなどの心理療法

・指圧やマッサージ、整体、鍼灸、ストレッチなどの理学療法

・音楽療法やアロマテラピーなど五感に働きかける療法

・自己管理によるライフスタイルの見直し


Y´s ボディーケアがあなたにできること

当院の鍼治療は西洋医学と東洋医学の長所と短所を最大限に活かした治療を行っています。

 

自律神経症状のような心と体の病気には東洋医学を中心に鍼灸、整体、運動などを組み合わせた施術で、直接自律神経にアプローチしていきます。

 

臨床経験26年以上の院長が、あなたのお悩み事、辛い症状に合わせた多彩な鍼灸、整体の施術を行います。

自律神経失調症の施術

鍼灸が苦手な方にも対応できます

自律神経免疫療法+運動療法+整体

鍼が怖い、苦手だという方には、刺さない鍼を利用し自律神経のバランスを整えていきます。

 

一般的には、鍼と言えば体に刺すイメージだと思います

 

「てい鍼」という刺さない鍼を利用し、手足、顔、頭にある治療点を利用し刺激していきます。

 

運動療法&整体

ストレッチ、筋肉のアンバランス、姿勢などを整体で整えると、身体の緊張が和らぎ、筋肉がほぐれます

 

筋肉がほぐれると血管の緊張も和らぎます。

 

結果、血流も改善し、交感神経の過緊張が解れ、自律神経のバランスが整ってくると免疫力も高まり、よいサイクルに移行していきます

鍼灸も大丈夫な方

YNSA山元式新頭鍼療法+運動療法+整体

体にあるツボに髪の毛ほどの細い鍼を打つのですが、当院ではそれに加えYNSA山元式新頭鍼療法という方法で頭にある治療点に鍼と自律神経免疫療法の三つを組み合わせて行っています。

 

頭に鍼と聞いて怖いと思う方もいるかもしれませんが、この治療法は宮崎におられる山元医師により開発された治療法で、世界各国からこの治療法習得に宮崎に来られます。

 

国によっては、健康保険が適用されるなど安全な施術です

 

この施術を行えるのは、大阪でもそれほど多くありません

 

運動療法&整体

ストレッチ、筋肉のアンバランス、姿勢などを整体で整えると、身体の緊張が和らぎ、筋肉がほぐれます

 

筋肉がほぐれると血管の緊張も和らぎます。

 

結果、血流も改善し、交感神経の過緊張が解れ、自律神経のバランスが整ってくると免疫力も高まり、よいサイクルに移行していきます

 

施術内容

整体+鍼灸、または整体のみ

初診時 カウンセリング+施術 90分程度

初診料1500円+施術費5000円

 

鍼灸が苦手な方

整体のみも可能です

 

整体+鍼灸、または整体のみ

二回目以降 5000円 60分程度

お問合せ、ご予約はコチラからどうぞ 06-6969-3115