鍼灸の効果について

東洋医学は、身体を一つの小宇宙としてとらえ、そのバランスが崩れた時に「病気」が発症すると考える医学です。

鍼灸は、その東洋医学の治療法の一つです。身体の変化を手で触れながら観察し状態を把握し、鍼や灸を施すことで身体のバランスを整え機能の回復をはかる治療法です。

近年、世界各国の医療関係者やWHO(世界保健機関)などが鍼灸に注目し、メカニズムの研究も進められ、科学的根拠のある治療法として注目されています。

 

鍼(はり)

鍼治療では、直径0.12~0.18㎜程の極めて細いステンレス製の使い捨てのものを使います。

 

灸(きゅう)

灸に使うもぐさは、ヨモギの葉を乾燥させた物を使用します。灸の方法は、もぐさを皮膚の上に直接乗せ、着火させる直接灸と皮膚の上にショウガやニンニクのスライスを乗せ、その上にもぐさを着火する間接灸があります。

 

鍼灸の効果

鍼灸の治療を受ける多くの患者さんは、肩凝りや腰痛、関節痛などを持った方なので、鍼灸は運動器の病気に効果があることは知っているけれど、その他の病気に効果がある事をご存知ない方も多いと思います。痛みの鎮痛効果だけでなく、身体の様々な疾患にも効果が確認されています。

 

鍼灸の効果による研究では、鍼や灸で身体に刺激をすると、脳内にモルヒネ同様の作用を持つエンドルフフィンというホルモンが放出されることが分かっています。このホルモンが、痛みを脳に伝える神経経路をブロックし、鎮痛効果をもたらします。また自律神経に効果的に作用し、胃腸、心臓、血管などにも作用し、その働きを調整します。

鍼灸の効果とその科学的根拠を認める見解が発表され、WHO(世界保健機構)でも鍼灸の効果が認められています。

大阪市鶴見区放出で鍼灸のことならY´sボディーケア整体 Y´sはりきゅへご相談ください。