脳梗塞の3つのタイプ

ラクナ梗塞

脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞[小梗塞]

 

脳に入った太い血管は、細い血管へと枝分かれしていきます。細い血管が狭くなり詰まるのがラクナ梗塞です。

日本人に最も多いタイプの脳梗塞で、主に高血圧によって

起こります。ラクナは「小さなくぼみ」という意味です。

 

アテローム血栓性脳梗塞

脳の太血管に血栓ができ、血管が詰まるタイプの脳梗塞です。動脈硬化を発症、進展させる高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病が原因です。

心原性脳梗塞

脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞(大梗塞)

心臓にできた血栓が血流に乘って脳まで運ばれ、脳の太い血管を詰まらせるものです。原因として最も多いのが不整脈の一つである心房細動です。

脳梗塞の原因

脳梗塞の大きな原因として、動脈硬化があります。動脈硬化とは、文字とおり動脈が硬くなることです。動脈が硬くなるとその特性である血管のしなやかさが失われ、血液を上手く送り出せず、心臓に負担をかけてしまいます。

動脈が硬くなると血管の内側がもろくなり血管の内膜面にコレステロールが付着し塊ができ、血管の中が狭くなったり、詰まったり、コレステロールの塊が剝れて血液中をただよい血管を詰まらせます。