脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、脊柱管(背骨の中空洞)が狭くなり、神経が圧迫され、足や腰の痛みや、痺れとなって現れる病気です。50代から高齢になるほど多くなると言われています。脊柱管の内部は、年齢とともに狭くなります。厳密には特定の病気をさす病名ではなく、脊柱管を通る神経が圧迫されておこる病態の総称をさします。

 

症状

この病気では、続けて長い距離を続けて歩くことができません。

もっとも特徴的な症状は、歩くと痛みが起こり、休息をとると痛みが和らぎます。このような事を繰り返す間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。

腰部脊柱管狭窄症では、腰痛はあまり強くなく、安静にしている時には、あまり痛みがなく、立っていたり歩くと太ももの裏や膝から下に痛みや痺れが起こります。しかし、前かがみになったり、座ると痛みや痺れが和らぎます。

肛門周囲のほてり感や尿の出が悪い、逆に尿が漏れる。便が出にくい、漏れるなどの症状が起こる場合は、専門医の診断が必要です。

 

脊柱管狭窄症3つのタイプ

脊柱管狭窄症には3つのタイプがあります。馬尾型、神経根型、混合型があり、これらは圧迫される神経の箇所で分けられます。また症状にも違いがあります。

 

馬尾型

脊柱管の中心部を通る神経の束で、脊髄の末端にあります。症状は両足に痺れや痛みがあり、神経根型より重症とされています。症状として間欠性跛行(かんけつせいはこう)、排尿、排便障害(便や尿の出が悪くなったり、漏れる)、麻痺

 

神経根型

脊柱管中央にある馬尾から左右に枝分かれした神経の根本。症状としては、左右どちらかの足の痛みや痺れが出る。

両足に症状が出ることはあまりありません。

 

混合型

馬尾、神経根の両方が圧迫されており、3つの中でも一番重症となります。症状として両足の痛みや痺れ、麻痺、異常感覚(冷たい感じ、熱い感じ)、排尿排便障害が現れます。間欠性跛行も著明になります。

 

間欠性跛行とは

歩行中に足の痛みや痺れで一時的に歩けなく歩行障害です。少し休めば再び歩けるようになり、しばらく歩くとまた足の痛みや痺れが生じ、休んだり、歩いたりこま切れにしか歩けなくなります。

 

当院の脊柱管狭窄症の施術

当院では、脊柱管狭窄症のような骨の問題から起こるような病気でも筋膜リリース療法、トリガーポイント療法にて筋肉、靭帯、筋膜を中心に施術を行うことで症状の改善を行っています。また、姿勢、関節の動きの改善を行い、腰にかかる負担を和らげる、施術と運動療法で痛みの原因を根本解決していきます。

脊柱管狭窄症でお悩みなら、大阪市鶴見区放出のY´sボディーケア整体 Y´sはりきゅうへご相談ください。

ご相談、ご予約は06-6969-3115