腰椎すべり症・分離すべり症

腰椎すべり症とは

積み木のように連なる腰の骨が、前方にずれる場合と後方にずれる場合があります。

ほとんどが前方にずれることが多いです。

大きく分けて3つのタイプに分けられます。

「形成不全すべり症」

「分離すべり症、」

「変性すべり症」

 

形成不全すべり症

生まれつき脊椎の発育に問題があるために起こりますが、非常にまれです。

比較的若いうちに症状が現れます。

 

分離すべり症

分離症が原因でずれてしまうものです。

 

分離症は、椎弓の一部である上下の関節突起のちょうど間の部分が割れてしまい、連続性が絶たれ、椎弓と椎体が、つまり背骨の後ろの部分と前の部分が離れ離れになった状態です。

 

これにより椎体が滑ってしまうのが分離すべり症です。また分離すべり症は第5腰椎多いのが特徴です。

 

分離症自体は日本人の5~7%くらいあると言われています。

そのうちの一部がすべり症を発症するわけですが、横突起の大きさや靭帯の幅などによって、滑りやすい人とそうでない人がいると言われています。

 

変性すべり症

変性すべり症は、第4腰椎、次に第5腰椎、第3腰椎の順に多く見られます。

女性に多い病気で、閉経の頃にかけて多く発症します。

 

のことから女性ホルモンの影響や女性ホルモンの減少による骨粗しょう症の進行によって、それまで支えられていた骨が支えられなくなり起こるのではないかと言われています。

 

症状

すべり症の症状の多くは、腰痛です。

自覚症状が出ないこともあります。長時間の同じ姿勢や立ち仕事で腰痛、足の痛みやシビレ、長時間歩くと腰や足の痛みやシビレがひどくなるのが特徴です。

 

すべり症の起こる部位には、馬尾神経と言って、尿や便の排泄機能に関わる神経が通っているため、膀胱直腸障害といって排泄に異常が起こることもあります。

会陰部障害といって、足の付け根から陰部にかけて感覚障害やほてり感が出ることもあります。

 

当院では、すべり症、分離滑り症などと病院の検査で診断された腰痛に対して施術を行っています。

 

このような診断を受けても骨の周りにある筋肉、靭帯、筋膜、骨膜などの組織の施術で症状改善の可能性があります。なかなか改善しない腰痛、足の痛みでお困りの方は、ご相談下さい。

 

すべり症、分離すべり症の事なら、大阪市鶴見区放出のY´sボディーケア整体 Y´sはりきゅう


腰椎分離すべり症のことなら大阪市鶴見区放出の整体鍼灸院、Y´sボディーケア整体 Y´sはりきゅうへご相談ください

ご相談、お問い合わせはコチラからどうぞ 06-6969-3115