お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

腰痛の原因がはっきりしない人の治療法

2022.12.14. 更新

現在、腰痛に悩む日本人は、2800万人とも推計されていて、病院の検査ではっきりした異常が見つからない非特異的腰痛が全体の85%を占めると言われています。

病院でのレントゲン検査で原因がはっきりしない腰痛が85%を占めているわけですから、治療は対症療法的な湿布、痛み止めの治療、マッサージ、理学療法が中心になると思います。

しかし、そのような治療ではなかなか腰痛が改善せず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

現在は、YouTubeで検索すると腰痛に対して色々な運動法を見ることができると思うのですが、私としては安易に運動をすることは辞めてほしいと思っています。

YouTubeをみてやみくもに運動を行っても効果が感じられない方も多いと思います。

「腰痛改善ストレッチ」「腰痛にきく運動」などタイトルで検索すると様々な運動の動画が出てくると思います。

しかしその運動があなたにとって必要なのかが分からないと思います。

その運動が適切な運動かもわからず、その運動をして腰痛を悪化させてしまったり効果を感じられない方も多いと思います。

レントゲン検査で痛みの原因がはっきりしない腰痛に、お悩みの方の対象法と治療について書いていきます。

腰が痛くなる原因には色々あると思うのですが、腰痛の対処法には日常の過ごし方、姿勢がとても重要です。

腰痛になりやすい方は、腰痛になりやす生活をしている可能性があります。

日常の生活での対処法

座り過ぎに注意

同じ姿勢で座り過ぎていると持続的に筋肉を使っているため血液の栄養不足、酸素不足になり老廃物が溜まってしまい循環が悪くなります。
・対象法
作業をしているとどうしても座りっぱなしで座り過ぎによる腰の怠さや痛みが起こる場合は1時間に1回立ち上がり2~3分動くようにする

無理な姿勢での作業の繰り返し

無理な姿勢で荷物を持ったりを繰り返していると筋肉、靭帯、関節、骨に負担がかかるので無理な姿勢で荷物の上げ降ろし時の姿勢に気を付ける

・対象法
無理な姿勢での作業を見直す。立ち方、中腰になる際の動作を気を付ける。

悪い姿勢

現代人はデスクワークや携帯電話の操作などで座り過ぎから姿勢がわるくなり反り腰、猫背になり姿勢が崩れている方がとても多いです。

・対象法
反り腰、猫背の姿勢を改善する。これらの問題に対してマッサージ、整体で筋肉を緩めて改善しようとする治療院があると思うのですが、ただ筋肉を緩めても直ぐに元にもどってしまいます。

姿勢は脳からの命令を正しく神経系、筋肉を介して伝えることができず姿勢が悪くなっていることが多いので、運動を通してそれらを正しく伝えられるようにすることが大切です。

腰痛の改善方法

当院では腰痛の改善の治療は、患部と全身の問題について改善する必要があると考えています。
現代人はデジタル機器の普及により、仕事でも自宅でもデスクワークやスマホを見ていることが多く運動量が不足している人が大半です。

日本人は世界一、仕事で座っている時間が長いと言われています。

腰に問題を抱えている方の多くは、座りすぎによる同じ姿勢が関節の動きや筋肉が動かないことで凝り固まっています。

患部の問題

凝り固まった筋肉は血液の循環が悪くなり栄養不足、酸素不足となり老廃物が溜まるようになります。

循環が悪くなると栄養の供給が悪くなり、老廃物が除去できなくなります。

患部の治療は整体と鍼治療の方法を持ちいて循環の改善を行います。

整体による治療では患部の筋肉の緊張の緩和と筋肉のバランスを整えます。

筋肉が整うことで関節への負担を減らしていきます。

筋肉が悪くなる所は、深層の部分が多いのですが、物理的に深い部分には手が届かないので直接患部を刺激できることができる鍼(はり)治療のほうがメリットが多く血流の改善が行えます。

また当院で行う鍼(はり)治療は、ツボ、経絡に鍼(はり)は打ちません。

痛みやしびれの治療では、ツボに鍼(はり)を打っても効果的な治療ができないと考えていて東洋医学の考えは一切排除して行っています。

全身の問題

患部の問題は姿勢が悪かったり、動作が悪いことでそこに負担がかかってしまっているので結果に対し治療しているため、それは症状に対する対症療法的な治療にしかなっていません。

痛みの根本的な原因である姿勢やカラダの動かし方のクセを治す必要が大切だと考えています。

姿勢やカラダの動かし方のクセを整えてこそ痛みの戻りが少ない体へと変化します。

運動の意味

使い過ぎ
使いすぎている筋肉はストレッチと治療で休めていきます。

使えていない
筋肉に間違った使い方を覚えさせてしまっているため、運動を通し筋肉に正し使い方を覚えさせます。

運動の目的は、崩れてしまった姿勢や痛みを改善することなので、脳からの命令を正しく神経系、筋肉に伝え体幹、手、足を正しく動かせるようにすることで、筋肉を鍛えてもあまり意味がありません。

やみくもにYouTubeをみて運動やストレッチをしても効果が感じられないのは、患者さんに必要な運動プログラムになっていないからかもしれません。

・運動をしたほうがいいのは分かっているけれどやり方が分からない
・YouTubeをみて適当に運動をやっても効果が感じられない
・ハードなトレーニングはできないけれど簡単な運動で慢性痛を改善したい
など、当院は運動と整体と鍼(はり)治療をとうして根本からの改善を行っています。

慢性的な腰痛、肩こり、坐骨神経痛でお悩みの方はご相談ください。

一覧に戻る
トライアルキャンペーン実施中!

整体が初診のかた限定5名様

LINEからご予約頂いた方に限りご利用頂けます。

5
LINEから予約する

APPOINTMENT

お問い合わせ・ご予約はこちらから

ページの先頭に戻る