お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

朝、腰が痛くて布団から起き上がれない人が改善する方法

2022.09.04. 更新

朝、腰が痛くて起き上がれない原因

朝起きると腰が凄く痛いので、怖くて直ぐに起き上がれない。

恐々、仰向けになったまま、ベッドの上でゆっくりと腰を動かして起き上がる。

顔を洗ったり、ゆっくり着替えをしたり30分もすると段々と痛みが楽になり動けるようになってくる。

少しくらいの痛みは常にある毎日、朝から腰の痛みがあるとテンションも上がらないし、一日の始まりの朝をもっと気持ちよくスタートしたい。

朝起きて腰が痛いのは、もしかしたら寝ている布団が悪いのかと思い、インターネットで調べてみたり、テレビの通販番組を見ていると、いかにも効果がありそうなんだけど、布団やマットが何万円もする!

もし効果がなかったらと思うとなかなか買えないし・・・

病院に行って痛み止めの薬や湿布をもらっているけれど、なかなか思うように改善しない

痛み止めの薬を長期的に飲んでいると腎臓や肝臓に負担がかかるみたいだし、薬ばかり飲むのも嫌だな~

できれば余計な薬は飲みたくないし腰痛って根本的に改善する事ってできないのかな?

朝、起きた時に腰が痛くなる理由

生活習慣や姿勢

長い時間、デスクワーク、運転などで座っている時間が長いと姿勢が悪くなって筋肉や関節に負担がかかります。

一時間に一回は立ち上がり、3分は体を動かすようにすることで体がリセットされます。

骨盤の歪み

・仕事やいつの間にか身についてしまった悪い癖や生活習慣により、骨盤の歪みや骨格の歪みが生じることによって痛みが起こることがあります。
・同じ向きばかりで寝ない、横座りをしないように気をつけましょう

布団、寝返り

寝ている布団や枕が合っていない
・寝ている布団が硬すぎたり、柔らか過ぎる、布団が重いと寝返りをしなくなり、同じ姿勢でいる時間が長く寝返りをしないことで血流が悪化し腰に負担がかかりま
 す。
・枕が高い(枕を二つなど)とクビに負担がかかるだけでなく、背骨は繋がっているので腰にまで負担がかかってしまいます。
・人は寝ている間に20回以上寝返りをすると言われていますが、寝返りをすることで同じ筋肉に負担をかけないようにしたり、血流が悪くならないようにしています

枕を高くし過ぎたり、身体が沈み込むような柔らかすぎる布団や寝返りをしにくい重い布団などの場合は、寝具を見直したほうがいいかもしれません。

当院がご提案できることと

当院では従来から行われてきた痛い所をマッサージする方法ではなく、長い時間の座り過ぎで猫背姿勢、巻き肩、反り腰や、いつの間にか身についてしまった動きのクセ、身体の動かし方を修正する運動と合わせて施術を行うことで痛みない美しい体を改善します。

ここからが他院とは違います

痛みが起こっているところや、姿勢や体の歪を取ることは、どこの整骨院や整体院でもやってくれると思います。

マッサージや整体で体を整えてもすぐに戻ってしまいます。

いくら施術で関節や筋肉をほぐしたとしても、悪い動作や姿勢は身体が覚えてしまっているため、時間が経つとまた基に戻ってしまいます。

根本治療、根本治療と言ってもこの部分を改善しないと根本的な問題解決には繋がらないとの考えから、当院では患部(痛みを感じている部分)の施術を行い、悪い姿勢や悪い動作の基になっている関節や筋肉を運動で再教育し、修正していきます。

リラックス
使いすぎている筋肉は施術とストレッチ休めます。

エクササイズ
使えていない筋肉を使えるようにします。

長年のクセやライフスタイルで筋肉に間違った使い方を覚えさせてしまったいるためそれらを改善することで根本な改善が行えます。

姿勢や体のクセを改善することのメリット

時間が経てば痛みが直ぐに戻ったり、痛みが必要以上に長引くようなことを防ぐことができます
当院の行っている患部の施術とあわせて姿勢や体のクセを整える運動を行うことで痛みのない美しい体へと変化させることができます。

繰り返しの痛み、なかなか改善しない痛み、長引く痛みでお悩みの方で、体を本気で治したいとお考えの方は当院にご相談ください。


肩こり、腰痛、骨盤の歪、姿勢改善
整体詳細

はりの施術
腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰痛、頑固な足のしびれ、痛み
はり・きゅう詳細

体を整える運動
再発予防、繰り返す肩こり、腰痛の根本改善、猫背、反り腰改善
姿勢や体を整える簡単な運動

APPOINTMENT

お問い合わせ・ご予約はこちらから

ページの先頭に戻る