お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

朝起きて腰が痛い人は反り腰が原因かもしれません!

2022.10.25. 更新

朝起きて腰が痛い人は反り腰を治そう

・仰向けの姿勢で寝ていると、腰が段々痛くなって目が覚める。
・仰向けの姿勢で寝ていると起き上がる時に腰が痛くて、直ぐに起き上がれない。
・布団が悪いのかなと思い、テレビのコマーシャルでやっていた高価な低反発マットレスを買って
 寝ているけれどあまり効果を感じない。

このように、仰向けの姿勢で寝ていると腰が痛くて夜中に何度も目が覚める。

熟睡できないと一日の始まりが憂欝な気分でスタートしてしまうと思います。

内臓の病気に注意

安静時(寝ている姿勢)に腰が痛む場合、気をつけなければいけないのは内臓の病気です。

筋肉、関節など運動器の痛みの場合、動かしているときに痛みがあることが多いです。

・前にかがむ
・反ったり
・捻っても痛みがなく、動作に関わらず、ずっと鈍痛がある場合などは内臓からの関連痛の可能性があるので病院での検査をされたほうがいいかもしれません。

病院でレントゲン検査を受けて問題がなければ次のようなことが考えられます。

反り腰になっている

骨盤の角度が前に傾き過ぎているため背骨、骨盤の筋肉が異常な緊張で腰に痛みが起っている反り腰が原因の場合があります。

反り腰の痛みで起こる腰痛の方は、反り腰を治すことが大切なのですが、長年反り腰になっていると腰周辺の筋肉にも異常が起こっていることがほとんどで、まずは患部の筋肉の異常な緊張を整体や鍼治療で和らげ、血流の改善を行い正常にすることが先決です。

はりきゅう、整体での治療

はりでの治療

深部の筋肉の緊張をはりで和らげ血流の改善を行います。

悪くなっている筋肉は骨にくっついている部分が多いので患部が深層部あることが多く、深層部を改善しないといけません。

はりの治療では、悪くなった部分に直接、はりを打ち筋肉の緊張を和らげ、血流を良くすることができるため鎮痛効果が高いです。

症状が酷い場合ははり治療がおすすめです。

整体

整体治療では、骨盤、骨格の歪を整えることです。

筋肉のバランスを整え、筋肉の緊張の緩和、血流を良くし痛みの改善を行います。

反り腰を改善する運動

反り腰を整体やストレッチでよくしようとしても長年のライフスタイルで間違った使い方を筋肉に覚えさせてしまっているため間違った使い方を改善しなくてはなりません。

使い過ぎている筋肉は施術とストレッチで筋肉を休め、使えていない筋肉を運動で使えるようにしていきます。

運動と言っても筋肉を鍛えることが目的ではありません。

運動の目的は、体を滑らかで繋がりのいい体にすることです。

ピラティスの要素を取り入れたものなので女性でも安心して痛みのないバランスのとれた痛みのないカラダを手に入れることができます。

反り腰のチェック方法

壁にかかと、お尻、肩甲骨、後頭部を付けて真っすぐに立ちます。

腰と壁の間に隙間があり、手のひらが抵抗なく入る場合、腰が反って骨盤が前傾してしまっている可能性があります。

対処法
緊張が強くなった背骨周辺の筋肉を緩め、弱化している腹筋コアの安定性を高め、姿勢筋を活性化する運動を行う必要があります。

姿勢を改善する運動については個々によってアプローチする筋肉が違う場合があるので、しっかりメニューを組んでその人に必要な運動を行います。

反り腰の人の運動の目的

運動の紹介をします。
・背中側の筋肉が必要以上に使いすぎているため抑制をかけます。
・反り腰になっている人は骨盤につく太ももの筋肉が弱くなり使えていませんので使えるように
・お腹側の筋肉を使えるようにします。

ペルビックティルト

背中側の緊張を緩めお腹側の筋肉を使えるように働かせます。

方法
・足と足の幅は拳一個分開きます
・かかとを椅子の上に置き、足首、膝の角度は90度でかかとで椅子を下方向に押し付け、太ももの
 裏に力が入るようにします。
・骨盤を後方に倒しお腹をへこませます。
・背中は床にピッタリと押し付けるようにします。
・呼吸は鼻から吸って、鼻から吐きます。
・5回繰り返し最後に鼻から3~5秒吸う、5~7秒吐くを1回行ってください。
・吐くほうが長いのは、吐く時に副交感神経の働きが高まりリラックスして筋肉、血管の緊張が緩
 むからです。

一覧に戻る
この記事のタグ
ストレッチはりきゅうピラティスペルビックティルト反り腰背骨骨盤
トライアルキャンペーン実施中!

整体が初診のかた限定5名様

LINEからご予約頂いた方に限りご利用頂けます。

3
LINEから予約する

APPOINTMENT

お問い合わせ・ご予約はこちらから

ページの先頭に戻る