· 

椅子に座っていると腰が痛くなる方ができる3つの対処法

椅子に座ってテレビを見ていると、だんだん腰に違和感を感じ始め、10分も座っていられない。

 

友達とランチに行っても、腰が痛くなるのでゆっくりとおしゃべりできない。

 

好きな映画を楽しむことが出来ない。

 

最近は、座っていて腰が痛くなる時間がだんだん早くなってきて、前かがみなるのも辛くなってきた。

 

こんな症状で、お悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

座っていて、なぜ腰が痛くなるんだろうと疑問に思う方もいるかも知れません。

 

立っている姿勢、座っている姿勢、横になって寝転んでいる姿勢では、座っている姿勢が一番腰に負担がかかります。

 

では、座っていて腰が痛くなる原因には、どのようなことが考えられるのでしょうか

 

 

1、座っている姿勢が悪い

座る姿勢が悪いと背骨の並び、骨盤の位置が悪くなる為、腰の筋肉や靭帯にも負担がかかってしまいます。

1、頭から骨盤までが垂直になるようにします。

2椅子に深く座り、膝と股関節が直角になるように座ります。

3、両足をしっかり床に着けます。

4、腰が丸まったり、反らないようにします

2、座っている時間が長いと腰に負担がかかります。

立っている姿勢、座っている姿勢、横になって寝転んでいる姿勢では、座っている姿勢が一番腰に負担がかかります。

 

立っている状態で、約体重の1.5倍、座っている状態で2倍の負担がかかります。

 

その上、長い時間、同じ姿勢で座っていると更に負担をかけてしまうことになります。

 

 

こまめに動こう!

1時間に一回は立って、3~5分は動くようにしましょう。

 

そうすることで、腰の筋肉や椎間板にかかっている負担を和らげることができます。

 

立っていきなり、前に腰を屈めたり、反ったり、捻ったりするのは禁物です。

 

ゆっくり立ち上がり、その場で足ふみをしたり、歩きます。

 

 

3、使っている机や椅子の高さが自分の体格に合っていない

普段、使っている机や椅子が自分の体格に合っていないと座っている姿勢が崩れるため、それに座り続けて仕事をしている

 

と腰に余計に負担がかかってしまいます。

 

一度、会社や自宅の机や椅子の高さが自分の体形にあっているのか計算してみてはどうですか

 

理想的な机の高さ=身長×0.25-(0~2)㎝

理想的な机の高さ=身長×0.25-(0~2)㎝+身長×0.183-(0~2)㎝

 

1~3を改善しても症状が良くならない場合は、当院にご相談ください。

 

また治療を受けているにも関わらず、なかなか痛みが改善しない場合は、対象法が間違っているかもしれません。

 

関節、筋肉、骨盤の問題を詳しく調べ、根本から症状の改善したい方は、当院にご相談ください。

当院は完全予約制です

保険診療のような手軽な施術ではありませんが、一人一人の患者さんに向き合い、特別な施術を行っています。

 

〒538-0044

大阪市鶴見区放出東2‐21‐2

受付時間

月・水・木・金 10:00~20:00

日・祝     10:00~18:00

お休み/火・土

お問合せ、ご予約はコチラからどうぞ 06‐6969-3115

当院からのメッセージ

 

大阪市鶴見区放出のY´sボディーケア Y´sはりきゅうでは、肩こり 腰痛、股関節の痛み、しびれ に特化した鍼灸整体院です。

なかなか改善しない痛み、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、しびれでお悩みの方は、ご相談ください。

 

 

 

アクセス

 

大阪市鶴見区放出東2‐21‐2

放出駅北口から徒歩8分

 

電話・お問合せ

06‐6969-3115

 

腰痛、股関節痛、シビレのことなら大阪市鶴見区放出/城東区/徳庵/東大阪のY´sボディーケア整体 Y´sはりきゅうへご相談ください

受付時間

 月・火・木・金 

10:00~20:00

 土

10:00~18:00

 

定休日

水・日・祝祭日

サイトマップ