· 

酷いめまいで動けなくなり、不安で外出できなくなってしまった人への対処法

朝、起き上がろうとした瞬間、目が回るような感覚に襲われ、気分が悪くなりしばらくじっとしていたら収まったので、起き上がろうとしたらまた目眩が・・・

 

仕事に行く時間が迫っているのに起き上がれない・・・

 

仕方ないので会社を休もうと上司に連絡すると、「こんな大切な時期に休むのか」と言われイライラして目眩が余計に酷くなり気分が悪くなった

 

遠回しに休むなと言われても、今日は無理!

 

何でこの辛さを分かってもらえないのか、こんなに仕事を頑張っているのに、なぜ優しい言葉すらかけてもらえないか、悲しくなってきて涙が止まらなくなった・・・

 

どんなに頑張っても行けないものは、行けないので、会社を休んだ

 

携帯で「めまいの原因」と検索してみると耳や脳、自律神経の乱れ、肩こりなど色々出てきた

 

先ずは、重大な問題がありそうな耳鼻科、脳外科に行ったほうがいいと思ったけど、脳外科とかは大きな病院に行かないといけないし、とりあえず近くの耳鼻科に行くことに

 

動くとまだフラフラするので、自転車に乗るのも怖いしタクシーをお願いして、やっとの思いで病院に辿り着き、耳の検査をしてもらったけれど、耳には異常はなし

 

こんなに辛いのに耳に異常なしって、何か重大な脳の病気かと思い先生に「頭の問題はないですか?」と聞くと

 

「今の症状からは心配ないと思いますが、症状が悪化したり、良くならない場合は、脳外科で詳しく検査したもらったほうがいいかもしれません」と言われた

 

もし、外出先でこんな目眩が起こったらどうしようと思うと会社に行くのも不安だし、このままでは会社に行けない

 

頭に何か重大な病気があったらどうしようと思うと心配で夜もよく眠れず、脳外科でMRI検査をしてもらうことに

 

MRI検査をしてもらったけれど、脳にも異常なし

 

異常がないことはほっとしたけれど、逆に何もないのになぜこんなに辛いの?

 

他になにか悪い病気でもあるのではないかと余計に不安になって色々調べてみると、私の今の環境や症状から自律神経の乱れかもしれないと思った

 

そういえば最近、仕事で新しいプロジェクトを任され、仕事を家に持ち帰り夜遅くまで仕事をしていたし、夜食に甘い物を食べたり、過食気味で睡眠時間も4時間程度しか寝ていなかった

 

休日も自宅で仕事をしていてストレスが溜まっていたし、会社でもピリピリしていた

 

仕事のプレッシャーで緊張状態が続いていたり、ストレスが溜まり過ぎていたかも

 

不規則な生活や不摂生が度重なるような生活をしていると、徐々に自律神経のバランスを崩すことになります

 

強い緊張で、血流や肩こりが酷くなると、耳の病気でなくてもめまいや耳鳴り、ふらつくような症状が起こることがあります

 

あなたも同じように不規則な生活になっていませんか?

 

・偏食、不摂生、お菓子の食べ過ぎなどによる栄養素の方よりや飲酒の習慣

・運動をまったくしない

・寝る時間がいつも遅く、睡眠をしっかりとれていない

・寝る直前までスマホを長時間見てしまっている

 

こんな生活をしていませんか?

 

自律神経の乱れは、精神的ストレスだけではなく、生活習慣も強く影響します

 

逆を言えば、上記の生活を改善すれば自律神経の乱れは改善する可能性があります

 

背中や頚の凝りが気になっていませんか?

 

自律神経失調症や自律神経の乱れがある方は、頚や背中の凝りが酷く、ガチガチに硬くまっています

 

つまり、身体の緊張状態を和らげることで、交感神経の過緊張が和らぎ、副交感神経の働きが高まります

 

副交感神経の働きが高まると血管の緊張が和らぎ血流も改善します

 

この様な状態になると、自己治癒力が高まり良いサイクルに体は移行していきます

 

「自分でできる対処法」

 

「呼吸は大切です!」

呼吸をコントロールしているのは自律神経で、自律神経が乱れてくると呼吸が浅くなります

 

患者さんがよく訴える症状として、「息苦しいとか、息が吸いにくい」という訴えがよくあります

 

呼吸は自律神経がコントロールしていて、その自律神経の働きを唯一、自分の意志でコントロールできるのも呼吸なのです

 

 深呼吸するとついつい息を大きく吸い込みがちですが、息を吸うことを意識し過ぎることはよくありません

 

呼吸では、息を吸い込む時に血圧は上昇するため、吸うことを意識しすぎるとマイナスになります。

 

4秒かけゆっくり吸い込む、4秒かけてゆっくり吐くことを繰り返していきます。

 

就寝前に呼吸法を行うことで、精神的も安定する事でしょう

 

 

「運動の勧め!」

ストレスが溜まっていると交感神経が緊張状態となります

 

それに加え、運土不足、デスクワークや車の運転で一日中座っていると、血流が悪くなり、筋肉の動きが悪くなり、体がいつも緊張状態となります

 

15分~20分程度のウォ―キング、体操、ストレッチなどで筋肉をほぐすことで、セロトニンという「癒しホルモン」が分泌されて精神的な疲労も取り除かれ、気分もリフレッシュされます。

 

また運動をすることで血流の改善にもつながります

 

「入浴の勧め!」

適温は38度~40以下のお湯に15~20程度、半身浴でゆっくりお風呂に入ると、血流もよくなり眠りやすくなる効果があると言われています(注:温度に関してはあくまで目安です)

 

熱いお湯につかると逆に交感神経が緊張するためよくありません

 

「食事を大切にしていますか?」

私達の身体は、すべて食べ物の栄養素で支えられています

 

偏食、不摂生、お菓子の食べ過ぎなどによる栄養の偏りや欠乏、飲酒の習慣が精神状態に影響すると言われています

 

特に女性の場合は、毎月の月経で男性に比べ、貧血や鉄欠乏が起こりやすと言われています

 

1人暮らしの女性では、コンビニのお弁当ばかりで、手っ取り早く食事を済ませていたり、好きなものしか食べないなどの

方は、栄養状態に偏りが起こっている可能性がある為、気をつけたほうがいいかもしれません

 

「睡眠は大切にしていますか?」

睡眠中は、日中に傷ついた細胞を修復したり、一日に起こった情報を整理したり、ホルモンの分泌でストレスの低減作業が行われます

 

夜遅くまで起きていて睡眠不足が続いたりすると、それらの作業が十分に行われない為、疲れが取れにくかったり精神的にも不安定になりがちです

 

これらの作業に7時間程度必要と言われているため、その位の睡眠を確保したいものです

 

先ずは、自分でできる対処法を行い、生活習慣や食の乱れなども見直してみては如何ですか?

 

このようなことを行っても、なかなか症状が改善しない場合もあると思います。

 

 

「当院があなたにできる事」

当院では、あなたの身体に直接アプローチしていきます

 

自律神経の乱れで病院に行っても、症状を抑える薬をもらうことしかできません

 

イライラしたり不安が強い人には、精神安定剤、不眠症に悩んでいる人には、睡眠薬を処方してくれると思います

 

しかし、薬を飲む事を止めた途端にまた症状が再発してしまうなんてことあるのではないでしょうか?

 

根本原因である自律神経が乱れたままではこのような事が起こってもしかたないんです

 

 

「鍼灸や整体が自律神経症状でお悩みのあなたにできること!」

鍼灸の施術では、自律神経に直接働きかけ、交感神経の過緊張を和らげることで、イライラしている精神状態を抑えていきます

 

それにより、副交感神経の働きが高まることで精神的にも安定し、イライラなどの症状が和らぎ、睡眠が十分に取れるようになったり、呼吸なども安定していきます

 

そのような身体の反応が起こることで、身体は好転していきます

 

人が本来持っている免疫力が高まり、自律神経のアンバランスも整い、治ろうとする力が高められていきます

 

当院では鍼灸や整体の施術だけではなく、患者さんのお悩みをじっくりお聞きします

 

お話をお聞きした上で必要であれば、食事や運動、生活習慣の改善などのお手伝いもさせて頂きます

 

そして、あなた自身も自分に向き合い、生活習慣や運動、食事面など、見直すべきことがあれば改善することで、少しでも早いお悩みの解決に繋がると思います


お問合せ、ご予約はコチラからどうぞ 06‐6969-3115