· 

大阪市鶴見区で車の運転をするとお尻から足が痛くて歩くのが辛い坐骨神経痛の人の原因と有効な施術法

大阪市鶴見区、城東区、東大阪市の坐骨神経痛専門の鍼灸院、整体院

GWに家族でバーベキューに行くことになり、どうせ行くなら水や自然がきれいなところがいいということで、2時

間ほどかけて奈良の田舎の方に行くことになり、途中で渋滞もありやっと現地に到着、車から降りて歩こうとした

ら足の付け根から太ももの裏が突っ張って痛くて歩けない。

 

思わず立ち止まってしまうほどの痛みで、しばらくその場でじっとしていた

 

家族は荷物を下ろしてどんどん先に歩いていくので、「ちょっと待って!」と呼び止め、私が腰を屈めてじっとしている姿を見て歳だねと笑われ、自分でもそんな姿が、情けなくなって・・・

 

ゆっくりと腰を屈めながら歩いていると、少しずつ痛みが治まり、普通に歩けるようになったけれど、こんな田舎で歩けなくなったらどうしようと思うとバーベキュー中もヒヤヒヤで、帰りは妻に途中で運転を代わってもらったので、来る時より痛みはなかったけれど、それ以来痛みで歩けなくなったらどうしようかと不安でしょうがない。

 

普段から長い時間座っていると、お尻に違和感があって、動いていると直ぐに治まるので、あまり気にしていなかったけれど、こんなに痛くなったのは初めてで、翌日病院で診てもらうと坐骨神経痛だと言われた。

 

いったい坐骨神経痛とうはどのようなものななか、詳しく説明していきたいと思います。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛というのは、病名ではなく、お尻から太ももの裏側が痛くなる「症状」をさします。

 

青い部分が坐骨神経になるのですが、坐骨神経は人体の中で最も太い神経であり、腰からお尻、太ももの後ろ側を通り、枝分かれしながら足先まで繋がっています。

 

坐骨神経痛は、この坐骨神経の走行沿いに痛みやしびれが起こる症状をさします。

坐骨神経痛の原因

このような症状で、病院に行くと坐骨神経痛であったり、腰椎椎間板ヘルニアなどの診断を受けるケースも多いと思いますが、痛みの原因は骨や椎間板の問題ばかりで起こるとは限りません。

 

トリガーポイント

実は坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアの原因は、筋肉、筋膜、靭帯、腱などにできるトリガーポイントといわれる硬結(こうけつ)=シコリのようなものが原因で痛みやシビレが起こっている可能性があります。

 

筋膜の癒着

長い時間、座って作業をしていることで筋肉が圧迫され、筋肉の動きが悪くなり癒着という現象が起こります。(一般の方が分かりやすい表現にしています)

その癒着が原因で痛みしびれが起こることがあります。

 

当院の坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニアの施術

本来、同じ姿勢で座り続けていると1時間に一回は立ち、3~5分程度体を動かし、負担を和らげればいいのですが仕事中はなかなか難しい場合もあると思います。

 

このような事をこまめに行ったり、ストレッチ、痛み止めや注射、湿布、マッサージなどの対処法で回復しなければ、痛みの原因となっている筋肉を見つけ出し、施術する必要があります。

 

頑固な坐骨神経痛、椎間板ヘルニアでお困りでしたら当院の筋膜リリース療法、トリガーポイント療法がお役にたてるかもしれません。

 

当院は、治療だけでなく姿勢の改善、運動の指導で痛みの原因となっている動作の改善を行ったり、日常の過ごし方などの指導で、痛みの再発予防にも力をいれています。