坐骨神経痛とは

この坐骨神経痛どこに行っても良くならないとあきらめていませんか?

 

・マッサージや痛み止めの薬が効かない

 

・手術しか方法がないと言われている

 

・同じ姿勢で立っているとお尻から足が痛くて、立っていられない

 

・痛くて家事をするのが辛い

 

・椅子に座っていると足が痺れてきて座っていられない

 

・足の痛みや痺れがひどくなってきている

 

・最近、痛みで長く歩けない

 

・腰を伸ばして痛みで歩けない

 

 

椅子から立ち上がって、歩こうとしたらお尻から太ももの裏が引きつって痛くて歩けない。

 

椅子に長い時間座っていると、お尻から太ももの裏が痛くなってくる、または足が痺れてくる。

 

同じ姿勢で立っていると足が痛くなってきて家事が大変。

 

お尻や足が疼いて夜も眠れない方もいます。

 

このような状態になると、毎日の生活が辛いですよね。

 

病院や整骨院に行くと坐骨神経痛と言われる事も多いと思いますが、実は「坐骨神経痛」という病名はありません。

 

では、坐骨神経痛とはどのような病気なのでしょうか。

 

坐骨神経とは

坐骨神経は、人体の中で最も太い神経であり、腰からお尻、太ももの後ろ側を通り、枝分かれしながら足のつま先までつながっています。

 

下半身のこの坐骨神経の通る道沿いに、特にお尻や太もも後ろ側、ふくらはぎや脛に痛みや痺れが出現することを「坐骨神経痛」と呼びます。

 

坐骨神経痛はひとつの症状であり、病気の名前ではありません。

 

その原因は様々ですが、このような症状で病院に行くと次のような病気の診断をされることが多い思います。

 

一般的な病院で言われる坐骨神経痛の主な原因 

➀腰椎椎間板ヘルニア

②梨状筋症候群

③脊柱管狭窄症

④脊柱の病気など

 

坐骨神経痛の主な症状

・お尻から太もも裏の引きったり、痛みや痺れ

・お尻の痛み

・長い時間座っているとお尻が痛くなる、または痺れてくる

・長い時間、立っていると足が痛くなる、または痺れてくる

・膝から下の脛の鈍痛や足先の痺れ

・夜もズキズキ疼いたり、痺れて眠れない

 

など、お尻や足に痛みやしびれ、鈍痛などの症状が現れます。

 

今までは、坐骨神経が圧迫されることで、足に痛みや痺れが起こると言われてきていました。しかし、坐骨神経痛の症状は神経が圧迫されて起こるばかりではないことが分かってきています。

 

お尻の痛み、足の痛みやしびれの原因はなに?

私が所属している医師を中心に組織された 一般社団法人日本整形内科学研究会、トリガーポイン研究会では、筋肉、筋膜、靭帯、骨膜といった軟部組織に注目した施術を行っています。

 

同じ動作の繰り返し、長時間の同じ姿勢で、特定の筋肉に繰り返し負担がかかる事で、筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントといった筋肉にシコリや筋膜に癒着という現象が起こります。このような現象が引き金となり、足に痛みや痺れが引き起こされます。

 

このような事ことは、医療機関でもあまり認識されておらず、マッサージや痛み止めの薬だけでは改善が難しいことがあります。

 

当院では、このような症状に対し鍼灸や手技による施術に加え、関節や筋肉の機能を回復させる運動で、他院ではなかなか改善できな坐骨神経痛の症状の改善を行っています。

 

詳しくは、当院が行っている筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント療法の施術をご覧ください

ご予約、お問い合わせはコチラ 06‐6969‐3115

当院からのメッセージ

 

大阪市鶴見区放出のY´sボディーケア Y´sはりきゅうは、腰痛、坐骨神経痛、椎間板んヘルニア、股関節の痛み、しびれ に特化した鍼灸整体院です。

なかなか改善しない痛み、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症からくる、足の痛み、しびれでお悩み方は、ご相談ください。

 

 

 

アクセス

 

大阪市鶴見区放出東2‐21‐2

放出駅北口から徒歩8分

 

電話・お問合せ

Tel:06-6969-3115

 

腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、股関節痛、シビレのことなら大阪市鶴見区放出/城東区/徳庵/東大阪のY´sボディーケア整体 Y´sはりきゅうへご相談ください

受付時間

 月・火・木・金 

10:00~20:00

 土

10:00~18:00

 

定休日

水・日・祝祭日

サイトマップ