大阪市鶴見区放出 腰椎椎間板ヘルニアとは

腰痛患者は2800万人いると言われ、そのうち腰椎椎間板ヘルニア患者は120万人いるとも言われています。

 

ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態をさします。有名なところでは、臍ヘルニア、鼡径ヘルニア(そけいヘルニア 脱腸)があります。

 

これが背骨のクッションである椎間板に起こったものを椎間板ヘルニアといいます。

 

腰の骨は5つあり、その骨と骨の間にあるクッションの役割を果たしている椎間板というものがあります。

 

 

椎間板には外側に厚い袋状の線維輪という部分の一部が膨らんだり、その中の髄核が線維輪をつき破り跳び出した状を椎間板ヘルニアと言います。

 

そのヘルニアが背骨の内側を通る神経を圧迫したり、炎症を起こしたりして、腰痛や足の痛みや痺れや痛みを引き起こすと言われています。

 

腰椎椎間板ヘルニアの好発部位は、第4腰椎と第5腰椎間です。

 

近年、椎間板ヘルニアは多くは数か月で自然に縮小、消失するとも言われています。免疫細胞の一種であるマクファージが飛び出したヘルニアを異物とみなし食べてくれるという研究が報告されています。

 

腰椎椎間板ヘルニアと病院で診断され、手術を考えている、痛み止めの注射や薬のような対症療法で症状が改善しない方はY´sボディーケア整体 Y´sはりきゅへご相談ください。

 

病院や普通の整骨院では、痛み止めの薬や患部へのマッサージが中心になると思うのですが、当院では腰に必要以上に余計な負担が集中していまっている悪い姿勢、関節、骨盤の歪を見つけ出し、根本からの改善と再発予防を目指します。

 

ご予約はコチラ 06‐6969‐3115

当院からのメッセージ

 

大阪市鶴見区放出のY´sボディーケア Y´sはりきゅうでは、肩こり 腰痛、坐骨神経痛、椎間板んヘルニア、股関節の痛み、しびれ に特化した鍼灸整体院です。

なかなか改善しない痛み、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、しびれでお悩みの方は、ご相談ください。

 

 

 

アクセス

 

大阪市鶴見区放出東2‐21‐2

放出駅北口から徒歩8分

 

電話・お問合せ

Tel:06-6969-3115

 

腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、股関節痛、シビレのことなら大阪市鶴見区放出/城東区/徳庵/東大阪のY´sボディーケア整体 Y´sはりきゅうへご相談ください

受付時間

 月・火・木・金 

10:00~20:00

 土

10:00~18:00

 

定休日

水・日・祝祭日

サイトマップ