お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

肩が痛い人の運動

2022.10.07. 更新

肩の痛い人は、姿勢の悪さから猫背、巻き肩など肩甲骨の動き、背骨の動き、肋骨の動きが悪くなり肩の関節に負担がかかり五十肩など肩の関節のトラブルに繋がりやすいです。

運動やストレッチだけでは改善しません

運動、ストレッチだけを行っても患部の痛みを改善することはできません。
あくまでも補助的なものです。
悪くなっている患部の筋肉、靭帯など組織の治療を行った上でこれらの運動を行う事が大切です。

スタンスストレッチ

肩甲骨、背骨の周辺、背中の筋肉の緊張を和らげます。
・背骨の周辺の筋肉を緩めます
・背中から腕に着く筋肉を緩めます
・背骨への負担を和らげます

方法

1.四つん這いになりかかとを立てます。
2.痛めている手を痛くない手の前につきます。
3.腰が反らないように注意し、背中を丸めてお尻をかかとに近づけていきます。
4.背中、肩あたりに張りを感じるまで行ってください。

※5回繰り返したらそのポジションで鼻から5秒吸う、鼻から5秒吐きます。
左右同じように行ってください。

COW&CAT

背骨、肋骨の動きを良くします。
・四つ這いになりつま先を立てます。
・骨盤を後方に丸め背骨を一個一個動かすイメージ。
・骨盤を前方に倒し背骨を一個一個動かすイメージ。
・5回繰り返し最後に鼻から3~5秒吸う、5~7秒吐くを1回行ってください。

背中、肩甲骨周辺の筋肉が緩んだら肩の筋肉に刺激を入れていきます

肩のトレーニング
・肩の幅よりやや広めにひろげます。
・その状態を維持しながら肩の関節だけではなく、肩甲骨のつけ根を背骨のほうに引きつけるよう
 に動かします。
・10回×2
※1週間に2~3回のペースで行ってください。
疼き、腫れ、炎症がある場合はやめてください。

一覧に戻る
この記事のタグ
スタンスストレッチストレッチ巻き肩猫背肩が痛い肩甲骨運動
トライアルキャンペーン実施中!

整体が初診のかた限定5名様

LINEからご予約頂いた方に限りご利用頂けます。

3
LINEから予約する

APPOINTMENT

お問い合わせ・ご予約はこちらから

ページの先頭に戻る