お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

前かがみの姿勢が多いと急に腰痛になるかも。。。

2022.11.04. 更新

中腰の姿勢が多いとギックリ腰になりやすい

調理の仕事をしていていると中腰になる姿勢が多くいつも腰が痛いです。

いつものように中腰の姿勢で仕事をしていて別のことをしようと動いた際、急に激しい痛みを腰に感じ、しばらく動けないほどの痛みがおこった。

痛みが強いので2、3日安静にしていたけれど段々と痛くなってきたので病院でレントゲン検査を受けることにした。

レントゲン検査では骨に異常はなく、痛み止めの薬と湿布をもらい様子を見ましょうと言われた。

調理の仕事なので一日中腰を前に屈めて仕事をしないといけないため、1週間ほど休みをもらうことにした。

調理の仕事で中腰になることが多い人は、このような経験をした方も多いと思います。

考えられる原因

このように中腰の姿勢でまいにち仕事をしていると太ももの裏、股関節、腰周辺の筋肉に慢性的に負担がかかってしまうため過剰な負荷の繰り返しで筋肉、靭帯などを傷めてしまいます。

毎日、仕事で中腰の姿勢を繰り返していても自己回復力で回復するのですが、冷え、ストレス、栄養の不足、睡眠不足などから免疫力が低下し、回復できなくなり、筋肉、靭帯を痛めてしまいます。

患部の問題と全身の問題を解決

中腰で腰が痛い人の問題点は2つのことを解決しなくてはなりません。

患部の問題を解決

1つ目は、患部の問題です。

使い過ぎで痛めている筋肉、靭帯などの組織を治療で回復させなければなりません。

この患部の問題を解決することは第一優先です。

患部の治療方法

患部の治療は、整体とはり治療があります。

整体

筋肉、靭帯のバランスを整え、骨格、関節の歪も整えることで、負担のかかっている患部のコリを取り、血流の改善を促し、脳から大量に出されている痛みを感じる物質を減らしていき、痛み痺れの問題を改善します。

はり治療

筋肉、靭帯が悪くなる所は、深層部などの筋肉が骨に付着する部分が悪くなる場合が多いので、整体では物理的に指が届かないため、患部が深層に位置する場合、痛みが激しい、長期的に痛みしびれを抱えている人に合っています。

全身の問題を解決

2つ目は全身の問題です。

腰に痛みがあったとしても、そこだけの問題ではないことがほとんどです。

腰を曲げる動作でも背骨、肋骨、股関節、膝、足首が連動して動きます。

そのどこかに動きが悪いところがあると、その他のところにも負担がかかります。

人によって1箇所の場合もあれば、2箇所、3箇所の人もいます。

私たちは、知らず知らずのうちに間違った使い方を筋肉に覚えさせてしまっています。

治療だけでなく姿勢やカラダの動かし方のクセも改善することで痛みのないバランの取れた体へと変えることが出来ます。

他院との違いについて

他院では、短期的な痛みを取るという問題に対して押したり、揉んだり、マッサージで痛みをの問題を解決しようとするところがほとんどだと思います。

しかし、それだけでは痛みがすぐに元に戻ってしまいます。

短期的な目的で治療するならそれでいいと思うのですが、患者さんにとっては根本的に治療する方がいいに決まっています。

根本的に治療する場合、姿勢やカラダの動かし方のクセも改善しなくてはなりません。

当院では「治療と合わせて運動」を行うことで患者さんの痛みやしびれの問題を根本から改善しています。

運動といても筋肉を太く、強くすることではなく、流れのいいしなやかに動くカラダにすることです。

ピラティスの要素を取り入れた運動なので女性や年配の方でもできます。

また国家資格をもった私が直接指導しますので安心して、安全に行うことが出来ます。

はり治療や整体、マッサージを受けても痛みやしびれがなかなか改善しない、治療を受けてもすぐに元に戻ってしまうとお悩みの方は、大阪市鶴見区放出東のY´sボディーケア整体 Y´sはりきゅうにお問い合わせください。

一覧に戻る
この記事のタグ
ギックリ腰ピラティス
トライアルキャンペーン実施中!

整体が初診のかた限定5名様

LINEからご予約頂いた方に限りご利用頂けます。

3
LINEから予約する

APPOINTMENT

お問い合わせ・ご予約はこちらから

ページの先頭に戻る