お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

腰痛は治療を受けるだけでは改善が難しいです

2023.01.21. 更新

腰痛の治療を受けてもなかなか良くならない。

腰痛の治療を受けても痛みが直ぐに戻ってしまう。

このようなことでお悩みではありませんか?

腰痛は、腰の筋肉をマッサージで緩めても、整体でカラダを整えても痛みが直ぐに戻ってしまうのは、姿勢や体のクセが良くなっていないからです。

腰痛の原因は姿勢から

現代人は、デスクワーク、ゲーム、携帯電話の見過ぎなど座っていることが多く、電子機器などの操作で頭部が前方に出てしまって、猫背姿勢、反り腰、巻き型など座り

過ぎによる不良姿勢で腰痛が起っていることが多いです。

人の背骨は生理的湾曲と言って、くびから腰まで24個の骨がS字状に並ぶことで背骨にかかる重力や衝撃から背骨を守ってくれているのですが、猫背や反り腰になることで、

このカーブが崩れてしまい背骨を保護する力が低下してしまいます。

生理的湾曲には3つのカーブがあることで背骨を保護する力が100%、2つのカーブがあることで50%、1つのカーブで20%とカーブが減ると保護力は低下していきます。

また姿勢が崩れていることで、背中側の筋肉の緊張が高まり、腹筋側の筋肉がうまく使えなくなることで筋肉のバランスが崩れて背骨には圧迫の力がかかるようになり椎間

板にも大きな負担がかかるようになります。

このような状態でいつも生活していることで、日常生活での衝撃や重力から背骨を守ることができなくなり椎間板に負担をかけて生活していることになります。

腰痛を改善するには

猫背姿勢や反り腰の姿勢を改善するのにウォーキングをしたり、筋トレをする人がいるのですが、腰痛に対して特定の筋肉を鍛えたり、ウォキングをしてもあまり効果が

ありません。

それどころか、姿勢が悪い状態でウォーキングや筋トレなどの運動をしてしまうと逆に腰痛が酷くなってしまう場合があります。

運動の目的は筋肉を鍛えることではなく、脳からの命令を正しく筋肉、神経系を通して体幹、手足に情報をうまく動かせるようにすることですから鍛える前に整えることが

大切です。

姿勢を改善するには、姿勢や体のクセを分析して患者さん個々に合わせた運動を行う事が大切ですからむやみにYouTubeを見て運動をするのではなく、専門家に指導をして

もらい適切なストレッチや運動を行うことが大切です。

運動の目的を明確に

腰痛を改善したくてトレーニングジムでトレーニングを行っている方もいると思うのですが、バーベルなどの器具を使い重い物を持ち上げるトレーニング、

水泳、エアロビクスなどは、「筋肉を大きくし、力が強くなる」、「持久力がつく」などの効果があると思うのですが、腰痛を改善するには効果がありません。

腰痛を改善するには、動きが悪くなった背骨や関節、肋骨の動きを良くし、使い過ぎている筋肉を休めて、使えていない筋肉を使えるようにしていく事で姿勢に変化出てき

ます。

当院では患部の治療と合わせて、姿勢や体を整える運動を行う事で痛みをぶり返さないカラダを目指しています。

治療の方法は、整体と鍼(はり)治療
運動、運動というと運動やストレッチで腰痛が改善すると思ってしまう方もいると思うのですが姿勢や体の使い方と同じくらい患部の治療も大切です。

患部の治療には、整体による方法と鍼(はり)治療による方法があります。

姿勢の悪さから患部に過剰な負担がかかってしまって背骨、関節を動かしている筋肉に負担もかかっているのですが、いったん悪くなった筋肉はストレッチではなかなか良

くならないので当院では筋肉の治療には整体や鍼治療を行います。

整体による治療では、患部の筋肉のバランスを整えて背骨や関節の動き良くし血流の改善を行います。

鍼(はり)治療

筋肉には表層、中間、深層とあるのですが、患部が深いところにあり整体の治療では物理的に手が届かない場合には、直接患部を刺激して治療できる鍼(はり)治療が効果的

に改善できます。

また症状が長引いていたり、痛みが頑固な場合には鍼(はり)治療のほうが鎮痛効果が高いです。

当院が行う鍼治療は、東洋医学的な考えは排除して現代医学的な考えで運動解剖学や生理学を基に治療するのが特徴です。

なぜなら痛みの治療では、ツボや経絡といった東洋医学的発想で治療しても改善効果が低いと30年あまりの臨床の経験から感じているからです。

腰痛の治療では患部の治療も大切だし、姿勢や体の動かし方を改善することで効果的に改善できると考えています。

一覧に戻る
トライアルキャンペーン実施中!

整体が初診のかた限定5名様

LINEからご予約頂いた方に限りご利用頂けます。

5
LINEから予約する

APPOINTMENT

お問い合わせ・ご予約はこちらから

ページの先頭に戻る