お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

腰痛だと思っていても内臓の病気が隠れているかも。腰痛で知っておくべきこと。

2021.08.16. 更新

腰痛はありふれた症状で、腰が痛い経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

また漠然と腰の周りが痛いということもあるでしょう。

マッサージや保険診療だからと毎日のように整骨院に通っても、なかなか痛みが改善しないと、自分の腰痛が何か特別な病気ではないか?

と不安を感じる人もいるかもしれません。

不安に感じて検索してみると、腰の痛みでも、様々な内臓の病気の可能性があると記載されていた。

自分も似たような症状で、余計に不安が大きくなるばかりです。

確かに、ありふれた症状だと思うかもしれませんが、腰の痛みを症状とする内臓の病気は様々あります。

腰痛のほとんどは緊急性はありませんが、中には生命を脅かすような危険な疾患や緊急の手術を要する疾患など、重大な疾患が存在する場合があります。

内臓の病気すべてに当てはまるわけではありませんが、下記のような腰痛の症状がみられたら内臓の病気を疑う必要があるかもしれません。

 

「見逃してはいけない5つの症状」

・体を動かした時に痛むわけでもなく、横になって安静にしていても痛む。

・痛くて眠れない(夜間痛)

・原因不明の体重減少

・治療直後は痛みが和らぐが、また直ぐに痛みが戻る。

・症状がだんだんひどくなっている。

このような場合は、病院で検査を受ける必要があるかもしれません。

 

内臓の病気から起こる代表的なものをいくつか紹介します。

悪性腫瘍(ガン)

・50歳以上

・癌の病歴がある

・原因不明の体重減少

・安静にしていても痛みが軽減しない

・夜間痛

 

重篤な背骨の病気

圧迫骨折、骨粗しょう症に伴って起こることが多いので、これといった外傷歴がなくても、気づかないうちに骨折していることもあります。70歳以上の女性は画像検査で確認しましょう。

尻もちや転倒、また長期にわたってステロイド剤を服用している人も、腰痛が起きた場合は画像検査などで圧迫骨折の有無を確認したほうがいいでしょう。

 

脊髄感染症

馬尾神経症候群

腰椎椎間板ヘルニアと診断され、尿や便の調節ができなくなる排尿障害、膀胱直腸障害が症状としてみられる場合は、発症後早期に手術を行うことが望ましいとされています。

泌尿器の病気

腎結石、尿路結石、腎盂腎炎

血管の病気

解離性大動脈瘤(お腹の中にある血管)

胸背部の痛み

 

婦人科

子宮筋腫、子宮内膜症

 

その他

すい臓がん、心臓病などでは背中の痛みを感じることもあります。

このようなことは、時間をかけて問診をしっかり行うことで、身体からの危険信号を見逃すことなく、回避することができます。

当院では初診時に時間をかけて問診、カウンセリングを行い、内臓の病気でおこる腰痛との鑑別を大切にしています。

もし、問診などをしっかり受けたこともなく、施術を受けているにも関わらず、症状が悪化していたり、一ヵ月以上まったく症状の改善がない場合は病院での検査も受けたほうがいいかもしれません。

 

腰痛症(統計)

・整形外科疾患97%

 急性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折など

 

・腹部臓器疾患2%

解離性大動脈瘤、腎盂腎炎、尿管結石、膵炎、消化管潰瘍など

 

・悪性腫瘍や感染1%

 腎がん、乳癌などの骨転移、硬膜外膿瘍、化膿性脊椎炎

腰痛症のほとんどが内臓由来から起こるものではありません。必要以上に心配することはありまえんが、症状が悪化している場合などは精密検査を受けてみましょう。

 

腰痛は85%は原因不明

危険因子がないにも関わらず腰痛の問題が解決せずにお悩みの方、レントゲン検査で痛みの原因がはっきりしない方

また、現代医学で腰痛の原因が特定できる腰痛は、全体の15%ほどだとされています。

残りの85%は原因不明です。

85%は本当に原因が分からないのでしょうか?

当院ではレントゲン検査などの画像検査ではっきりしない85%の痛み、しびれの原因に対しアプローチしていきます。

初診、整体施術限定9/30まで5名限定

LINEからご予約頂いた方に限りご利用頂けます。

4
LINEから予約する
ページの先頭に戻る