お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

椅子に座っていると腰が痛い人の原因と対象法

2021.08.19. 更新

症状例

女性、事務作業

椅子に座ってパソコン作業をしていると徐々に腰が痛くなってきて仕事に集中できない。

同じ姿勢で長い時間、椅子に座って作業をしていて立ち上がろうとすると腰が痛くて立ち上がるのがつらい。

立ち上がって直ぐに歩けないこともある。

長い時間、車の運転をしていると腰が痛くなる。

車の運転をしていて、車から降りようとすると腰が痛くて直ぐに動けない。

病院でレントゲン検査を受けると背骨と背骨の間が狭くなっていて、軟骨が擦り減っていると言われた。

湿布と痛み止めの薬をもらい薬の服用とシップを貼っていたがいっこうに良くならない。

近くの整骨院でマッサージを受けてもその時だけで、痛みが直ぐにぶり返す症状でお悩みの方は多いと思います。

椅子に座っていて腰が痛くなる方は、多いと思います。

重い荷物を持ち上げたり、中腰の姿勢で作業が多いと腰が痛くなるのは分かるけど、なぜ座っているだけで腰が痛くなるのか疑問に思うかもしれません。

椅子に座って長い時間作業をしたり、車の運転をしていると、その姿勢を維持するために持続的に同じ筋肉が長い時間、働き続けなければなりません。

それだけではなく、背骨、股関節といった関節は長い時間、動くことがなく、固まったままです。

その状態が続くと血流の悪化を招きます。

もしコップに水を入れ、同じ姿勢で1時間持ってなさいと言われたらそうとう辛いと思いませんか?

椅子に座ると言うのは、姿勢を維持し重力に打ち勝つため、筋肉がそうとう頑張ってくれています。

それを毎日、毎日繰り返していたらどうなるでしょう?

腰周囲の筋肉に疲労が蓄積され、背骨、股関節といった関節は固くなり、冷えや血行不良が重なると自己回復できなくなります。

そうすると筋肉、靭帯、筋膜といった組織に異常が生じて痛みが起こります。

まずは対処法として正しい椅子の座り方を身につけることも大切です。

 

正しい姿勢を身に着けよう

正しく、腰に負担をかけることなく座ることは、腰痛改善への初めの一歩となります。
⓵背もたれに背中を密着させ、深く座り、両足の裏を床に着けます。床に足裏をつける事でより体が安定します。

➁こまめに姿勢を変える

③仕事の流れ、仕事に集中してしまい同じ姿勢で座りっぱなしなってしまうことも多いと思いますが、1時間に1回、3分ほど立ち上がり、カラダを動かすことで、負担がかかり続けている筋肉、靭帯、関節をリセットすることが出来るので行ってほしいです。

 

腰がいた人のストレッチング方法

腰が痛いといっても、腰だけの問題ではないことがほとんどです。

股関節、太ももの裏の筋肉が固くなってしまっていることも多いです。

腰が痛い人はまずこのストレッチングを行い股関節、背骨周りの筋肉をほぐし、血流の改善を行ってみてください。

座り方、ストレッチングを行っても改善しない場合は、自分で対処できる範囲ではない場合が多いです。

筋肉、関節、背骨周りの筋肉がオバーワークになり、それらの組織に疲労が蓄積し痛みへと繋がっている可能性がありますので、筋肉、靭帯を治療する必要

があるでしょう。

当院では、筋肉、靭帯といったっ組織の使いすぎによって起こる、世間ではあまり知られていない筋筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントという病気の治療

をしています。

 

筋筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントの治療についてはコチラをご覧ください。

筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントとは

 

APPOINTMENT

お問い合わせ・ご予約はこちらから

ページの先頭に戻る