お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントとは

2021.03.09. 更新

腰痛や肩の痛みなど関節や骨が原因だと思われている症状の中には、筋肉の使い過ぎが原因で起こることが多いです。
このように真の原因=トリガーポイントを見落とすと、治療しているのに治らなかったり、一度治ってもすぐ再発してしまいます。

慢性的な痛みやしびれが治らないときは「トリガーポイント治療」をお試し下さい。

痛みの真の原因にアプローチする

トリガーポイントに直接アプローチすることで整形外科などでの治療で改善しなかった症状に劇的鎮痛効果がみられることがあります。
長期的に症状が改善しない方や、手術や神経ブロック療法を勧められたり、考えている方は一度お越しください。

手術をしても改善しなかった方が来院されています。

ヘルニアや骨の異常があっても「筋・筋膜性疼痛症候群」の場合、痛みの本当の原因は筋肉に存在しています。
そんな場合真の原因であるトリガーポイントにアプローチすることで様々な慢性的な痛みが改善します。

当院には手術を数回しても改善しなかった方や手術を考えている方なども、遠方より来院され、「本当に筋肉が原因だった」と感心されます。

筋・筋膜痛はほかの病気に間違えられやすい

筋・筋膜痛は、時に関連のない病気とよく似た痛みを引き起こすため、他の病気と診断されます。
たとえば、腰痛は関節の老化、関節の変形、骨の擦り減りなどと診断されがちですが、筋・筋膜痛の疑いがあるのです。

筋・筋膜が原因の腰痛に消炎鎮痛薬は効かない

筋・筋膜が原因の腰痛では、腰部の関節に炎症も損傷もないので、痛み止めの薬は効きません。
このようなトリガーポイントから起こる痛みにたいして正しくアプローチしなくては慢性的な痛みは改善しません。

施術方法

筋膜性疼痛症候群の場合異常が生じている筋肉・筋膜・靭帯などの組織(=トリガーポイント)を見つけ出します。
その筋肉、筋膜、靭帯に対して整体や鍼灸を用いての施術を行います。

間違われやすい病気

  • 五十肩
  • テニス肘
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離、すべり症
  • 神経痛
  • 頚肩腕症候群
  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 半月板障害
  • 坐骨神経痛
  • 各関節の痛み
  • 手足のシビレ

レントゲン検査で痛みやしびれの原因がはっきりしない、坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニア、腰痛、肩こり、股関節の痛みがマッサージや痛み止めの薬で改善しなければ、筋肉・筋膜・靭帯の問題を疑ったほうがいいかもしれません。

そのようなことでお悩みでしたら、大阪市鶴見区の鍼灸院、整体院のY´sボディケア整体 Y´sはりきゅうへご相談ください。

初診、整体施術限定9/30まで5名限定

LINEからご予約頂いた方に限りご利用頂けます。

4
LINEから予約する
ページの先頭に戻る