お電話でのお問い合わせ先

06-6969-3115

お尻が痛くて車の運転ができない坐骨神経痛の治療

2022.09.17. 更新

お尻が痛くて車の運転が辛い方

車の運転をしていると左の腰から左のお尻が痛くなる、それでも車を運転を続けていると今度は左のふくらはぎの横が痛みだす。

初めは大したことないだろうと思っていた。

デスクワークで椅子に座っていても痛みだすようになってきて。。。

車から降りて3分もゆっくり歩いていると引きつり感が無くなり、足の痛みも和らいいたので、一時的なことだろうとあまり気にしていなかった。

日によって痛み方はまちまちで痛みが強い日もあれば、痛みが弱い日もある。

最近は、自宅のソファーに座ってテレビを見ていると、立ち上がる時もピキッとした引きつる痛みが腰、左のお尻に痛みが出ることもあり、毎日の日課となっているウォ―キ

ングから帰り自宅の階段を昇ろうとすると「ピキッ」とした引きつる痛みで階段を昇る時が辛い。

段々と症状が酷くなるので、病院に行ってレントゲン検査を受けてみることした。

レントゲン検査ではどこにも異常がなく症状から坐骨神経痛だと医師に言われた。

この様に、お尻や太ももの裏が引きつったような痛みで病院に行くと坐骨神経痛だと言われ足り、レントゲン検査で異常がないと原因不明と言われるることもある思います。

当院があなたにできること

筋肉は体を動かす原動力

カラダを動かしているのは、筋肉が伸びたり縮んだりすることで動いているので、筋肉は体を動かす原動力ですから筋肉に負担がかかりやすいです。

骨の問題は手術をして削ったり、補強するしか方法がないのでリスクを伴うことも少なくありません。

当院は筋肉の治療に重きを置いた治療を行っていて、筋肉の使い過ぎで起こる痛みを筋筋膜性腰痛と言います。

このような坐骨神経痛のいたみも腰周辺の筋肉、股関節周辺の筋肉、太ももの筋肉を治療することで改善に導けます。

施術と運動を組み合わせてハイブリッド療法で改善

緊張した筋肉を緩めるだけではすぐに戻ってしまう。。。

やみくもにYouTubeを見て運動しても効果を感じない。。。

それは長年のクセやライフスタイルで筋肉に間違った使い方を覚えさせてしまっている事が原因。

そのエラーパターンを解消しないと、すぐに元の体へ変わってしまいます。

リラックス
使い過ぎている筋肉を治療で休ませて

トレーニング
使えていない筋肉を意識的に動かす

そこで当院は使い過ぎている筋肉を治療で緩め、使えていない筋肉を意識的に使えるようにする運動で痛みが戻りにくいバランスのとれた体へと変化させます。

坐骨神経痛とは

坐骨神経は、人体の中で最も太い神経であり、腰からお尻、太ももの後ろ側を通り、枝分かれしながら足のつま先までつながっています。

下半身のこの坐骨神経の通る道沿いに、特にお尻や太もも後ろ側に痛みが出現することを「坐骨神経痛」と呼びます。

坐骨神経痛はなぜ起こるのか

坐骨神経痛はひとつの症状であり、病気の名前ではありません。

お尻から太ももの後ろ側が痛くなる症状を指し、その原因は様々です。

腰椎椎間板ヘルニアによる腰の神経(坐骨神経の出発点)が圧迫されて症状が起こる場合もあります。

しかし、現在では臀部から足にかけての痛みや痺れ、引きつるような痛みは、筋肉、靭帯、筋膜などの組織の問題でも起こることが分かってきています。

筋肉は体を動かす原動力

カラダを動かしているのは、筋肉が伸びたり縮んだりすることで動いているので、筋肉は体を動かす原動力ですから筋肉に負担がかかりやすいです。

骨の問題は手術をして削ったり、補強するしか方法がないのでリスクを伴うことも少なくありません。

当院は筋肉の治療に重きを置いた治療を行っていて、筋肉の使い過ぎで起こる痛みを筋筋膜性腰痛と言います。

このような坐骨神経痛のいたみも腰周辺の筋肉、股関節周辺の筋肉、太ももの筋肉を治療することで改善に導けます。

施術と運動を組み合わせてハイブリッド療法で改善

緊張した筋肉を緩めるだけではすぐに戻ってしまう。。。

やみくもにYouTubeを見て運動しても効果を感じない。。。

それは長年のクセやライフスタイルで筋肉に間違った使い方を覚えさせてしまっている事が原因。

そのエラーパターンを解消しないと、すぐに元の体へ変わってしまいます。

リラックス
使い過ぎている筋肉を治療で休ませて

トレーニング
使えていない筋肉を意識的に動かす

そこで当院は使い過ぎている筋肉を治療で緩め、使えていない筋肉を意識的に使えるようにする運動で痛みが戻りにくいバランスのとれた体へと変化させます。

このような症状の方は注意

癌の病歴がある
原因不明の体重減少
夜間安静時の疼痛
ステロイド使用(圧迫骨折)

このような症状がある場合は、ガンの骨転移、化膿性脊椎炎などの疑いがあるため専門医での受診をお薦めします。

排尿障害

尿が漏れる又は出ない、便が漏れる又は出ないなどの排尿障害という症状がある場合は、緊急性を要する場合があるので、足のシビレや痛みに伴ってこのような症状がある場合は、病院での精密検査をお薦めします。

麻痺

足に麻痺が認められる場合などは、脊椎の病気や腫瘍などの可能性も考えられるため精密検査をお薦めします。

手術を考えている、薦められている方、なかなか改善しない座骨神経痛、椎間板ヘルニアの方へ

上記のような危険因子がない場合、座骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など診断されたとしても、筋肉、

筋膜、靭帯、骨膜などの骨や関節周辺の組織を筋膜リリース療法、トリガーポイント療法という施術で改善できる可

能性があります。

今までの概念にない治療法

このブログを読んで頂いた方に覚えておいてほしいことは、今まで当たり前のように言われてきた座骨神経痛、腰椎椎

間板へルニア、脊柱管狭窄症からおこる足の痛み、シビレなどの神経症状は、必ずしも起こる訳ではありません。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などと診断され手術を考えている、勧められている方は、一度、筋膜

リリース療法、トリガーポイント療法を試してみてはどうですか!

APPOINTMENT

お問い合わせ・ご予約はこちらから

ページの先頭に戻る