腰痛

腰痛とは

大阪市鶴見区 腰痛センター鍼灸整体院 

 

病気の名前ではなく、腰部を主とした痛みやハリ、違和感といった症状の総称です。

 

腰痛と言ってもなんとなく腰が重い、ツッパリ感がある、いつも腰が張っている、動かすと腰がピキッと痛い、ギックリによる激痛。

 

坐骨神経痛のようなお尻の付け根から足にかけての痛みやしびれを伴う場合などもあります。

 

現代の私達の生活は、一日の内の大半を座って過ごしています。

 

この「座る」という習慣が多くの腰痛を生んでいるとも言われています。

 

最近の研究では腰痛だけでなく、心疾患、糖尿病、メタボリックシンドローム、背中やクビの痛みなど様々な症状、病気を引き起こすと言われ研究

 

がされています。

 

「腰痛」は、現代の生活様式の中できっても切り離せない問題です。

 

 

「腰痛患者は現在2800万人」

腰痛は、多くの方が経験する症状です。

 

現在2800万人が腰痛で苦しんでいると言われています。

 

多くの腰痛は、原因が特定できない腰痛が85%だと言われています。

 

腰痛を抱えていると日々の生活が辛い。

 

趣味やスポーツが楽しめない。

 

将来への不安。

 

仕事への不安などの悩みがあると思います。

 

 

腰痛の原因は、画像検査による骨の変形、軟骨、椎間板の変性、神経の圧迫だけが原因なのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

我々の運動器の痛みの原因は、筋肉、筋膜、靭帯などの組織から起こる事が分かってきています。

 

先ずは、一般的は病院での腰痛の分類についてお話します。

 

 

「特異的腰痛と非特異的腰痛 」

医師の診断による画像検査で腰痛の原因が特定できるものを特異的腰痛、厳密な原因が特定できないものを非特異的腰痛といいます。

 

 

特異的腰痛

原因が確定できる特異的腰痛は、腰痛患者の15%くらいと言われています。

 

その内訳は、坐骨神経痛を代表とする足の痛みやしびれを伴う腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)4~5%とされています。

 

高齢者の骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の方に多い圧迫骨折が約4%、背骨の感染症や癌の背骨への転移の病気が1%未満。

 

尿路結石や解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)など背骨以外の病気が1%未満です。

特異的腰痛、非特異的腰痛

特異的腰痛に含まれる内臓の病気が由来ものは、緊急をようする病気があります。

 

内臓の病気、脊椎の感染症などから起こる病気では、安静にしていてもズキズキ痛む、夜中に痛むなど動かさなくても痛い場合は、病院での検査をおススメします。

 

 

「非特異的腰痛」

画像検査などで厳密な原因が特定できないものを非特異的腰痛といいます。

 

現在の病院で診断がつかない非特異的腰痛の中には、画像には写らない筋膜(ファシア)、筋肉などの組織が原因で起こる腰痛が多々あります。

 

近年の研究では、腰痛の原因は、骨の問題だけではなく、骨の周囲にある筋膜、筋肉、靭帯などの組織の異常や癒着という現象で痛みが起こることが分かってきています。

 

このように筋膜、筋肉、靭帯が原因で起こる腰痛やその他の痛みやしびれを筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントと言います。

 

この病気は、私が所属している一般社団法人 日本整形内科学研究会の研究で明らかになっています。

 

筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントはレントゲン検査、MRI検査などには写りませんから、原因の分からない非特異的腰痛としてかたずけられていると思います。

 

筋膜性疼痛症候群、トリガーポインに対して適切な施術が行える医療機関や鍼灸院が少ないため、痛み止めの薬や注射、マッサージなどの対症療法しか受けることが出来ず、多くの方が苦しんでおられるのが現状です。

 

 

筋膜性疼痛症候群、トリガポイントはどうして起こるのか。

筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントという名前は、あまり聞きなれない名前かもしれませんが、この病気の存在は、世間や医療従事者にもあまり知られていません。

 

普段の生活の中で、重い物を持ったり、無理な姿勢、同じ姿勢、同じ動作の繰り返しで筋肉に負担をかけたりすると筋肉に過剰な負担がかかります。

 

筋肉への過剰な負担は、いわゆる「筋肉痛」として起こります。

 

通常、数日で回復すると思うのですが、過剰な負荷が繰り返されたり、冷えや、血行の悪い状態が続いたりすると筋肉が回復できなくなります。

 

この状態が筋膜性疼痛症候群になった状態です。

 

筋膜性疼痛症候群は、一般的な筋肉痛とは違い、激しい痛みやしびれが生じ、この病気は、全身のあらゆる場所に生じます。

 

 

 

当院の施術の特徴

当院では、筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントに対し、筋膜(ファシア)、筋肉、靭帯などの組織に手で行う特殊な技術で癒着を剥がす方法。

 

鍼を使って癒着を剥がしたり、異常を起こした組織を正常化する方法。

 

姿勢や悪に動作を改善し、再発や繰り返す痛みを根本からの解決を目指しています。

 

 

筋膜リリース療法

筋肉、筋膜、神経、血管の癒着部を圧迫して痛みの有無、関節位置ののずれ、関節の動きなどを見て、癒着部位を特定していきます。

 

癒着部が見つかると、指でつまんだり、擦って癒着を剥がしていきます。

 

この時、できるだけ痛みが起こらないようにソフトに剥がします。

 

トリガーポイント鍼療法

患者さんに、痛みが起こる動作をしてもらい、痛みを起こしている筋肉、筋膜、靭帯などの組織を特定します。

 

異常を起こしている部位が分かれば、髪の毛ほどの太さの鍼を使って、鍼を打っていきます。

 

このトリガーポイント鍼療法は、ツボに鍼を打つという方法では良くなりません。

 

痛みの原因となっているポイントに鍼を当てなければ効果がないので、高い技術が要求されるため、どこでも受けられるものではありません。

 

カラダを整える運動

悪い姿勢やカラダの動かし方の癖が良くなっていなければ、また腰周辺に負担がかかり、腰痛を繰り返してしまいます。

筋膜リリース(ファシアリリース)カラダを整える運動のハイブリッド療法

この問題は、施術だけでは改善することは難しく運動を行う必要があります。

 

画像のようにストレッチポールと言う機具を使ったり、ラジオ体操のような簡単な運動を行ってもらい、繰り返す痛みや再発が起きにくいようにしていきます。

 

 

筋膜性疼痛症候群、トリガーポイントは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などから起こる足の痛みやしびれ、関節の変形から起こるとされる膝痛、肩痛、腰痛などとも間違えられやすいです。

 

 

 

筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント

原因で生じる症状によく似た病気

 

こんな診断を受けて悩んでいませんか?

・緊張性頭痛

・偏頭痛

・頚椎症

・頚腕症候群(クビ、背中、腕の痛みやしびれ)

・胸郭出口症候群(腕の痛みやしびれ)

・五十肩

・肩関節周囲炎

・テニス肘

・ゴルフ肘

・手根管症候群

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・糖尿病性神経障害など

・めまい(非回転性)

・しびれ感

・生理痛

・排尿時痛、肛門痛など

 

 

当院は施術と運動を組み合わせた「ハイブリッド療法」で根本からの改善を目指す鍼灸整体です。

 

なかなか症状が良くならない、手術しか方法がないと諦めていましたら大阪市鶴見区 放出腰痛センター鍼灸整体院の Y´sボディケア整体 

Y´sはりきゅうへご相談ください。

 

お問合せ、ご予約は 06‐6969-3115

 

ライン@から友達登録で予約が行えます。

友だち追加